スポンサーリンク

フリーランスエージェントEngineer-Route(エンジニアルート)とは?特徴から登録方法まで解説!

ITに特化したフリーランスエージェントってあるのかな?

こんにちはJun(@JunNomad)です。

IT業界で仕事を獲得したいと考えている方の中には、ITに特化したフリーランスエージェントを希望する方も少なくありません。

本記事では、ITに特化したフリーランスエンジニア/デザイナー専門の案件紹介を実施している「エンジニアルート」についてご紹介していきたいと思います。

フリーランスエージェント Engineer-Route(エンジニアルート)とは


フリーランスエージェント Engineer-Route(エンジニアルート)は、ソリッドシード株式会社が運営するITに特化したエンジニア/デザイナー専門の案件紹介サービスです。

2007年に設立されており、業界12年以上の実績を誇るサービスです。

Engineer-Route(エンジニアルート)のサービス概要

エンジニアルートでは、一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)を対象として、フリーランスエンジニアの案件紹介を実施しています。

50歳未満のエンジニア経験者を対象としており、フリーランスが初めてという方の相談にも積極的に受け入れる体制を整えています。
フリーエンジニア向けIT系求人・仕事・案件情報サイト【Engineer-Route】

Engineer-Route(エンジニアルート)の特徴


エンジニアルートでは、12年以上の実績から得た信頼を元に幅広い案件を取り扱っており、特に以下の3つに関しては大きな特徴と言えるでしょう。

取引先を担当している営業がカウンセリング

他のフリーランスエージェントでは、実際に案件を獲得する営業と、エンジニアのカウンセリングを担当するカウンセラーは異なる場合がほとんどです。

エンジニアルートでは、営業がそのままカウンセラーとしてエンジニアの面談やサポートを行うため、最新のリアルな情報をお伝えすることが可能となっています。

また、基本的に専属の担当としてエンジニアとコミュニケーションを行うため、担当が変わるたびに同じことを説明するような煩わしさもありません。

営業力を活かした幅広く豊富な案件

他エージェントでは、Web系案件やアプリ案件など求人数の多い案件が中心となって紹介されています。

一方でエンジニアルートでは、営業力を活かして、RPAやAI,IoTといった最新技術から、インフラ・サーバー系や汎用機・オープン系、プロジェクトマネージャーやサポートデスクといった案件も紹介することが可能です。

他のフリーランスエージェントで希望する案件が見つからなかった場合には、一度エンジニアルートを利用してみるのも良いかも知れません。

サイト上には掲載していない公開NG案件・求人も多数

エンジニアルートでは、Webサイト上に公開出来ない案件や求人情報も多く存在しています。

特に条件の良い案件の場合、Webサイト上に掲載する前に決定してしまうケースも少なくありません。

まずは一度エンジニアルートに登録・カウンセリングを受けてみて、どのような案件があるのかを確認しておくことをオススメします。

フリーエンジニア向けIT系求人・仕事・案件情報サイト【Engineer-Route】

Engineer-Route(エンジニアルート)の魅力


エンジニアルートには上述したような特徴の他に、フリーランスエンジニアにとって魅力的な2つのポイントがあります。

低いマージン率

エンジニアルートでは、マージン率が5~10%程度と、他エージェントと比較してもかなり低く設定されています。

5%のマージン率は、IT業界のエージェントの中では最安値クラスのマージン率ですので、なるべく手数料を掛けたくないエンジニアの方には非常にオススメのエージェントです。

30日の支払サイト

エンジニアルートの支払サイトは30日と設定されています。

4月に働いた分の報酬が5月末に振り込まれるようなイメージです。

一般的な会社員と同じ感覚で収入を得ることが可能となるため、フリーランスを始めたばかりの方でも資金繰りが容易に行える点も魅力です。

Engineer-Route(エンジニアルート)の案件を一部紹介


次にエンジニアルートに掲載されている案件をいくつかご紹介していきたいと思います。

掲載する内容は記事執筆時点のものですので、同じ案件に申し込めるかは状況次第となります。
あくまで目安としてご確認ください。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャー向けの案件です。

最大で月額85万円という高単価が設定されています。

インフラの知見やベンダーコントロール能力が必要となりますが、一度でもプロジェクトマネージャーを経験したことのある方であれば、それほど難しい内容でも無いと感じます。

汎用機エンジニア

既存のプログラムコードから仕様書を作成する案件です。

汎用機系のプログラミングを経験したことのあるエンジニアであれば、コードから仕様書を作成するだけですので、簡単に業務を遂行出来る案件かと思います。

単価自体はそれほど高くありませんが、汎用機系のフリーランスエンジニア案件は珍しいため、一度考えてみても良いかも知れません。

システムエンジニア

JavaとPHPで電子書籍販売サイトの開発を行うエンジニアを募集しています。

最大で月額80万円と高単価が設定されており、実装がメインで魅力的な案件でしょう。

通常実装担当は低めの単価が設定されてしまいがちですが、このようにエンジニアルートでは、実装中心でも高単価案件を多数取り揃えています。

Engineer-Route(エンジニアルート)の無料面談登録方法


エンジニアルートの無料面談は非常に簡単にWeb上から登録可能です。

まず下記の公式サイトにアクセスします。
エンジニアルート

トップページが表示されますので、画面右上の「新規登録」ボタンをクリックします。

新規登録フォームが表示されますので、必須項目を全て入力し、「規約に同意して送信する」ボタンをクリックします。

登録が完了後は、1~3営業日以内に担当者から折り返しの連絡があります。

面談以降の流れについては画像のような手順となります。

更に詳細な流れについては、下記の画像をご確認ください。

どのエージェントにするか決めかねているという方は、フリーランスエージェント各社を比較した下記記事も合わせてご確認ください。

フリーランスエージェント15社を徹底比較!今登録すべきサービスはここだ!
フリーランスエンジニアとしての活動を始めようと思うんだけどどのエージェントが良いのかな? こんにちはJun(@JunNomad)です。 フリーランスエンジニアとして活動を始める方の中には、まずはフ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました