スポンサーリンク

タイのビザ特別措置が2020/9/26まで延長へ!【今回が最後か?!】

タイはコロナも落ち着いてるし過ごしやすいけどビザ問題だけが不安だなぁ。

こんにちはJun(@JunNomad)です。

現在タイ在住の方で、長期ビザを保持していない方にとって発表が待ち望まれていたビザ特別措置の公式発表が、タイのイミグレーションより正式にリリースされました。

タイのビザ特別措置が2020/9/26まで延長へ


まずは今回の本題であるタイに滞在している外国人向けのビザ特別措置に関してですが、イミグレーションから正式な発表が掲載されたのでリンクを掲載しておきます。

タイのイミグレーション該当ページはこちらから >>

現在までの状況

現在までの状況をおさらいしておくと、タイに滞在している外国人に対して2020/3/26以降にビザが切れる人全員を対象として、2020/7/31までタイへの滞在を無条件で許可するということが発表されていました。

これにより現在まで約30万人~40万人の外国人がこの特別措置によりタイ国内に滞在していると推察されています。

今回の発表内容

今回の発表内容を簡潔にまとめると、特別措置終了までの準備期間として2020/9/26までの延長を認めるからそれまでに出国するか正式に滞在するためのビザを取得・延長してねというものです。

短期滞在ビザ(ノービザ・観光ビザ)で入国している方は基本的に9/26までに出国しなければいけないことが確定しました。

一時は、タイに滞在するための短期ビザを有料で販売するのではないかといった不確定情報も出ていましたが、今回の正式発表にはありませんでしたね。。。

タイのビザ特別措置終了に伴い実質滞在出来る期間は?


では今回のビザ特別措置終了に伴い、実質外国人が滞在出来る期間はどのあたりまでになるのでしょうか?

発表通りの最終日9/26にフライトを取るのは非常に危険だと個人的には思います。

国際線のフライトも欠航が相次いでおり、ただでさえ本数がコロナ前に比べると激減している状況です。

もし最終日に予約していたフライトがキャンセルになればその時点で不法滞在が確定してしまうため、笑えません。

9月初旬から中旬に出国ラッシュか?

おそらく現在までタイにいる外国人はほとんど全員が、自分の希望でタイに滞在していると思っています。

そのため、今回の発表を受けてすぐに帰国する人は少なく、9月初旬から中旬くらいを目処に出国される方が多いのではないかと予想します。

この辺りのフライトから以降のフライトが高騰してきそうな気がするので、なるべく早くチケットを購入しておくべきかも知れませんね。

ちなみに記事執筆時点でskyscannerで9月分のフライトを検索してみると下記のような結果です。

乗り継ぎ便にはなりますが、JAL・ANAの直行便と比べるとかなり安価ですね。

ギリギリまで粘るのは得策ではない?!

タイ政府の発表もギリギリまで実施されないことが多いため、9/26間際にもう一度ビザ延長が無いとも限りません。

ただ、今回に関してはかなり望み薄なのではという気がしています。

元々一部報道では、今回の7/31で特別措置終了というようなニュースも比較的有力な情報ソースからも発信されていました。

しかし今回のような延長措置が取られた上で、9/26以降は不法滞在として扱うと明記されたことにより、事実上今回の延長措置が恩赦という形と受け取って問題ないかと思います。
※ただ30~40万人の外国人が滞在しているということで、チケットが取れないなど様々な理由で一悶着あることは間違い無いでしょうが。。。

タイに一般観光客が旅行に来れるのは来年以降か??


完全に個人的な予想ですが、タイに一般観光客が旅行に来れるのは来年以降かなと感じています。

というのもタイ国内では事実か否かは別として、公式発表で新規感染者0が2ヶ月近くも続いていることが大きな要因です。

規制は徐々に緩和しかし…

実際タイ国内への入国規制緩和は徐々に開始されており、日本人も厳しい条件を満たした方が事実入国してきています。

一方で、7月中旬頃にエジプト軍人と外交官の娘が隔離措置無し・従わずでタイに入国し、コロナ感染が発覚し大問題となりました。

タイ国内では非常に大きなニュースとなり、県独自でロックダウンが行われ、大規模なコロナ陰性検査が行われるほどの問題となっています。

こういった状況を鑑みると、正直感染0が続いている国以外から隔離指定なしで旅行客が来ることは、年内は無理という気しかしません。。。

現実問題来年の春以降の可能性も?!

正直、タイも観光がメイン産業の国でもあり、どこかのタイミングでは観光客受け入れ再開に踏み込むはずですが、隔離指定無しで観光客が来れるとなると、現実的に来年春以降になるのではという気さえしています。

そもそも、観光客が隔離指定ありで場所を指定(プーケットなどの離島)された上での入国ですら、うまく行って年内後半になりそうな気配です。

タイ全土で従来通り、隔離無しで渡航出来ることを考えると正直来年年始ですら現実味がありません。。。

タイでビザを取得して滞在延長したい人には一応手段がある?!


ではもう2020/9/26以降はタイに滞在する方法は無いのか?日本国内から年内にタイに渡航する方法は無いのかというと、いくつか方法はあると思います。

推奨するわけではありませんが、僕が知っている方法をいくつか掲載しておきたいと思います。

特定のビザが国内での切り替えに対応

まず現時点でタイ国内にいる方向けですが、特定のビザが国内で切り替えられるような特別措置が実施されているという情報があります。

一般的にはビザを取得・延長する際、一度国外へ出て、別の国のタイ大使館でビザを取得・延長する必要がありました。

しかし、現状ほとんどの国が渡航制限を掛けているため、タイ国内で正式にビザ切り替えが出来るようにする特別措置のようです。

おそらく短期ビザで滞在されている方に一番現実的なのはEDビザかと思います。

公式に推奨されている方法でも無いため、あくまでこういった方法もある程度の参考情報としての紹介とさせてください。
※推奨しているわけではありません。

タイランドエリートなら間も無く入国可能に?!

タイ国内・国外にいる方両方に該当するニュースとして、タイランドエリート会員であれば間も無く入国可能になるのではといったニュースも最近になって頻繁に耳にするようになりました。

5年間のタイランドエリートですと、150万円程度で購入可能なため、1ヶ月単位に換算すれば3万円程度でタイへの滞在が可能になるわけです。

9月末?くらいまでに購入すれば5年+6ヶ月の滞在許可が出るキャンペーンも実施されているようですので、どうしてもタイに早期に入国したい方は、購入を検討してみるのもありかなと個人的には思います。

さいごに:タイのビザ特別措置は今回が事実上の最後通告


本記事では、タイのビザ特別措置に関しての最新情報をご紹介してきました。

感覚的に日本人の方もまだまだ多く、今回の制度を利用してタイに滞在しているように感じます。

正直9月頃までダラダラ滞在していると色々なトラブルが起きそうな気がするので、滞在するなら別のビザ取得にチャレンジするもしくはフライトチケットを購入してしまって、帰国の予定を決めておくのどちらかが良いのではないかと思います。

※個人的な予想では、30~40万人居る外国人の半分くらいは9月頃まで何の段取りもしない気がしてます笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました