スポンサーリンク

ITの自社開発がホワイトって誰が決めたの?【過度な期待は厳禁】

IT業界ならやっぱり自社開発企業に入りたいなぁ。

ホワイトな職場で働きたいもんなぁ。。。

こんにちはJun(@JunNomad)です。

IT業界を目指すエンジニアの方に特に人気な自社開発企業ですが、ホワイトな職場に入りたいという理由で自社開発企業を目指している方はいませんか?

ちょっとその考えだけでは、希望通りの労働条件にはならない可能性も高そうです。

本記事では、IT業界の自社開発企業は本当にホワイト企業だらけなのかについてご紹介していきたいと思います。

ITの自社開発がホワイトって誰が決めたの?


IT業界への就職・転職に関して調べると、自社開発を勧める記事や情報が圧倒的に多いことに気づくかと思います。

そこからITの自社開発はホワイトだと潜在的に捉えてしまっている人もいますが、もう少し考え直す必要があります。

現役エンジニアでも自社開発企業に勤めている人は少ない

まず自社開発をおすすめしている人でも、意外と自社開発企業に勤めたことがない人も多いことを理解しておく必要があります。

というのも、自社開発企業に勤めている人はエンジニアの中でも絶対数が少なく、憧れだけで記事や情報を発信している人も少なくありません。

ただ、そういった情報が信じられないのかというと、客先常駐などで自社開発企業に出向いた経験のある人なども多いため、全部が全部根拠のないおすすめではないことも補足しておきます。

自社開発を勧める理由は様々

「自社開発はオススメです」とだけ言ってしまえば簡単ですが、勧める理由は発信者により異なります。

例えば「スーツを着て出社したくない」というエンジニアは、自社開発企業が圧倒的に私服勤務率が高いためオススメする要因となるでしょう。

また、自分が身に付けたいスキルの自社開発が出来るのであれば、労働時間は問わないと言った技術大好きな方もいらっしゃいます。

ホワイト企業というと、仕事が楽で定時帰りのようなイメージを勝手に持ちがちですが、自社開発がホワイトと言われる要因には異なる要素が含まれるケースも少なくありません。

自社開発企業のスケジュールは確かにホワイト傾向


では仕事の忙しさについては、自社開発企業の場合どうなのかをご紹介していきます。

一般的には、受託企業などに比べるとスケジュールは緩い傾向にあるようです。

これは、自社でリリース日を設定出来ることが大きく影響します。

受託開発企業が一番キツい

システム開発企業の中で、最もスケジュールがキツいのは受託開発企業でしょう。

要因としては、顧客都合に合わせる必要があることと、予算の兼ね合いで人件費を抑えないといけないこと、案件獲得競争に勝つために受注額を下げないといけないことなど様々な要因が重なります。

受託開発企業に比べると多くの場合、自社開発企業の方がスケジュールは緩いと考えて問題ないでしょう。

自社開発企業でもプロジェクト次第

もちろん自社開発企業でもプロジェクト次第ではスケジュールが厳しい案件も多数存在します。

例えば、スマホゲームの開発などで既にリリース日を発表しているような場合、絶対にその日までにアプリを完成させる必要があります。

一方で、企業内で利用する社内システムなどの場合には、かなり緩いスケジュールが設定されていることも少なくありません。

自社開発企業がホワイトかは定義次第


自社開発企業がホワイトと感じるかは、エンジニア側の定義次第と言うのが適切かと思います。

下記のような人は、自社開発企業がホワイトと感じる傾向が強いでしょう。

追求したいスキルが明確な人

エンジニアとして追求したいスキルが明確な人には、自社開発企業はホワイトに感じる働き方です。

ご自身が身に付けたいスキルの自社開発企業に絞って就職先企業を絞っていけば、就職後の業務では、より深いところまで知識を学びながら収入を得ることができ、将来的にも様々な業務を任せてもらえるためやりがいにも繋がります。

受託開発や客先常駐では、あくまで顧客案件ありきとなりますが、自社開発企業の場合には新しい技術を取り入れることはあっても根幹スキルを変更することはそれほどないでしょう。

フレキシブルな働き方がしたい人

自社開発企業のもう1つのメリットとして、フレキシブルな働き方を採用している企業が多い点もポイントです。

特にスタートアップ企業などは顕著ですが、私服勤務や勤務時間の選択制・リモートワークなど自由な働き方を取り入れている企業が増えてきています。

企業内に休憩スペースやキッチンスペースなどを設置しているオフィスも存在し、近年のIT企業のイメージをそのままに体験出来る企業も少なくありません。

さいごに:ITの自社開発企業がホワイトと感じるかは目的次第


本記事では、ITの自社開発企業がホワイトと感じるエンジニアの傾向や、自社開発企業を勧める記事や情報が多い理由についてご紹介してきました。

結論として、ITの自社開発企業では労働時間が短い・楽という理由でのホワイトというよりも、楽しい・やりがいがあるといった理由でホワイトと呼ばれていることが多いように感じます。

ご自身の労働の目的をしっかりと考えた上で、自分に適した働き方を見つけてみてください。

自社開発企業への転職に強いエージェント

IT
スポンサーリンク
jun666をフォローする
スポンサーリンク
海外フリーランス Jun's blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました