スポンサーリンク

フリーランスとフリーターの違いって何よ?共通点と相違点を確認しよう!

フリーランスって最近よく聞くけどフリーターとの違いって何?

こんにちはJun(@JunNomad)です。

フリーランスになる方が増えているとはいえ、世間一般的にはまだまだフリーランスとフリーターの違いまでは把握されていない人の方が多いように思います。

フリーランスとして働いている・働こうとしている方も明確に説明出来る方は意外と少ないのではないでしょうか。

本記事では、フリーランスとフリーターの違いを分かりやすく説明していきたいと思います。

今後の働き方として検討している方はもちろん、直接は関係のない方も知識としてぜひご確認ください。

フリーランスとフリーターの違いって何?


フリーランスとフリーターの違いを一言で表すと「個人事業主」か「アルバイト」の違いです。

これだけでは情報が不足していると思いますので、詳しく解説していきます。

給与体系

まず給与体系に関してですが、フリーランスは「業務委託契約」という形で、企業や個人から業務を引き受け報酬を受け取ります。

もちろん複数のクライアントと契約して問題ありません。

フリーターの場合、企業に非正規雇用として採用される働き方のため、時給換算での仕事となります。

多くの場合、副業可能ですが、企業によっては禁止しているところもあります。

仕事内容

仕事内容に関しては一般的に、フリーランスの方が高度な専門技術を要する作業を行います。

フリーターは、教えてもらえれば特に専門知識が必要なくても実施出来るような、比較的簡単な作業が割り振られる傾向です。

もちろんこれは一般的な仕事内容で、フリーターの仕事でも専門的な作業をしている方もいらっしゃいます。

働き方

働き方に関してはフリーランスの方が自由度が高いといって良いでしょう。

フリーランスの場合、期限にさえ間に合わせれば、作業時間は自分自身で決められるような契約が多くなります。

一方で、フリーターの場合には、企業から時間を指定されるケースがほとんどで、フリーランスのように自由に働く時間を決めることは難しいのが実情です。

フリーランスとフリーターには共通点もある


フリーランスとフリーターには共通点も存在します。

メリット・デメリットともにご紹介していきたいと思います。

副業がしやすい(メリット)

フリーランスはもちろんですが、フリーターでも多くの場合、副業の制限を受けることはありません。

会社員のように企業から副業禁止のような規制がないため、働く時間を増やせば正社員以上に稼ぐことも可能です。

収入が不安定(デメリット)

フリーランスの場合には、契約がなくなってしまえばその時点で収入が0になってしまうため、会社員のような安定感は望めません。

フリーターの場合にも、時給制の非正規雇用ではありますが、仕事を割り振ってもらえる時間が月により異なったり、繁忙期とそれ以外で収入が全く異なることも少なくないため、収入は安定しないと言えます。

またどちらも企業が不景気に陥った際には、真っ先に契約を切られる可能性があることを理解しておく必要があります。

社会的信用が低い(デメリット)

日本では特にですが、企業に勤めていないと社会的信用が低いといった印象は避けられません。

周りの目という意味はもちろんですが、実際にクレジットカードやローンの契約でもフリーランスやフリーターでは審査に落ちてしまうことが多いのも現実です。

フリーランスに関しては少しずつ改善されてきているようですが、まだまだ会社員と比べると社会的信用は低いと言わざるを得ません。

フリーターよりもフリーランスが圧倒的におすすめ


ここまでフリーランスとフリーターの違いをご紹介してきましたが、どちらでも良いのであれば絶対的にフリーランスの方がおすすめです。

収入が高い

まずフリーランスの方が、ほぼ間違いなく収入が高くなります。

フリーランスは会社員と比較しても収入が高くなる傾向にあり、フリーターと比較すると何倍もの差がつくことも少なくありません。

ただし、専門的な技術や知識が必要となるため、誰でも慣れるというわけではないことを意識しておきましょう。

仕事を選択出来る

フリーランスは個人事業主であるため、自分がやりたくない仕事、利益を出せないと思う仕事は受ける必要がありません。

また、一度受けた仕事でも契約が終了してしまえば契約するかどうかはその都度決められるため、選択の自由は大きくなります。

ただし、これは相手側の企業や個人にも言えることなので、自分が選ばれるような仕事ぶりを発揮する必要があります。

働き方を選べる

フリーランスの場合、業務委託契約ということで成果さえ出せば過程に関しては基本的に指示を受けません。

そのため、好きな時間に働くことが出来るし、どこで作業していても問題ないケースも少なくありません。

一方でアルバイトの場合には、あくまで企業に非正規雇用として雇われているため、様々な制限を受けることになります。

高度なスキルが身に付く

フリーランスの場合は、専門的な仕事が多いため、自分自身のスキルアップにも繋がるような仕事が多くなります。

一方で、フリーターの場合には、企業が誰でも出来るような簡単な仕事しか依頼しないケースが多いため、高度なスキルを身につけることが難しくなっています。

フリーターからフリーランスになるには?


では現状フリーターとして働く方がフリーランスになるためにはどのような方法を取れば良いのでしょうか?

今回は僕自身がフリーランスエンジニアとして働いていることから、エンジニアを例としてご紹介していきたいと思います。

Webサービスで独学する

最近では独学するために、効率的な方法として動画サービスを使う方法が一般的です。

プログラミングやデザインであれば、Udemyがおすすめです。

頻繁にセールが実施されており、何十時間といったボリュームの講義が1000円程度で購入可能です。

無料で始めたい方には、youtubeで専門分野の知識を身につける方法がおすすめとなります。

英語で検索した方が、コンテンツも豊富で内容も充実しているため、出来る限り英語で学ぶことをおすすめします。

スクールに通う

最短で確実に実力を付けるならスクールに通う方法がおすすめです。

プログラミングスクールは悪い評判も多く聞きますが、独学で勉強するよりもメンターとなる人が居た方が圧倒的に理解出来るスピードが異なります。

フリーランスとして働くなら、特定分野をオンラインのみで格安で受講出来るTechAcademy(テックアカデミー)が良いのではないでしょうか。

また費用をなるべく掛けたくないという方には無料で受講可能なプログラミングスクールも存在するため、一度無料カウンセリングを受けて内容を確認してみましょう。

プログラミングスクールならまず無料のところを検討すべき理由!注目スクール3(+1)選
プログラミングスクールは有料・無料どちらもあるみたいだけどサービスの質って違うのかな? こんにちはJun(@JunNomad)です。 プログラミングスクールは有料に限らず無料でサービスを提供してい...

仕事を通してスキルを上げていく

荒っぽい方法で行くならば、いきなりクラウドワークスランサーズといったクラウドソーシングサービスで仕事を受注してしまう方法もあります。

自分が出来るレベルより少し高いくらいの仕事を受注して、調べて解決しながらスキルアップを狙う方法です。

かなりツライ方法ですが、間違いなくスキルアップもでき、報酬も獲得出来るため、時間に余裕があり、最終手段として助けてくれる人がいる方は考えてみても良いでしょう。

さいごに:フリーランスとフリーターは似ているようで全然違う


本記事では、フリーランスとフリーターの違いについてご紹介してきました。

フリーランスとフリーターは似ているようで、全く異なる働き方の種類です。

フリーターはあまりおすすめ出来る働き方とは言えないため、フリーランスか正社員のどちらかに絞って働き方を選んだ方が良いのかなと個人的には思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました