スポンサーリンク

フリーランスでは生活できない?具体的な働き方をイメージしよう!

フリーランスになろうかと考えているけど生活できないんじゃないかと不安だなぁ。。。

どうやって収入を得るのかイマイチわかってないしなぁ。。。

こんにちはJun(@JunNomad)です。

フリーランスへの転身を考えている方は多くいらっしゃいますが、実際に生活できないのではないかという不安から一歩が踏み出せない方も多いように感じます。

フリーランスで生活できないのではと考えてしまう方は、具体的な収益の挙げ方をイメージ出来ていないのが大きな問題です。

本記事では、現在フリーランスとして働く僕自身の体験談を織り交ぜながら、具体的に生活できない不安を消し去るにはどういった考え・計画が必要なのかについてご紹介していきたいと思います。

フリーランスでは生活できない?


フリーランスでは生活できないのでは?と不安に思う方も多いかと思いますが、最近は確実に稼げる敷居が下がってきているといます。

もちろん各人のスキルやビジネス力にもよりますが、従来よりもフリーランスとして生活出来る敷居は低くなり、生活に十分な収益を上げることは簡単になってきていると言えます。

IT技術の進歩

フリーランスが稼ぎやすくなった理由として、大きな影響を与えているのがIT技術の進歩です。

インターネットを介することで、世界中のどこにいても仕事が出来るような職業も増えてきました。

これまで対面でしか出来なかった仕事が、IT技術を利用することで遠隔地からでも実施出来るようになったことが大きな影響を与えています。

稼ぎ方の多様化

従来の考えですと、ビジネスといえば企業と企業が行うものと捉えている方も少なくありません。

しかし最近では、フリーランス(個人事業主)と企業、個人と個人など、様々なシチュエーションでビジネスの機会が生まれています。

稼ぎ方においても、インターネットを介して実際に会ったことがない人とビジネスを行う機会も増えており、稼ぎ方は多様化していると言えます。

自身の生活コストとフリーランスの予想収益を見積もろう


フリーランスとして自分自身が生活できないかを判断するためには、事前にある程度の生活コストと予想収益を見積もっておくことが大事です。

逆に何も見積もらずに、いきなり勢い任せでフリーランスとしてキャリアをスタートさせた場合には、最低数ヶ月は生活できない(赤字)と考えた方が良いでしょう。

毎月の最低限必要な費用を算出しよう

まずはフリーランスとしての稼ぎを考える前に、自分自身に最低限必要な月々の生活費を算出することが大切です。

生活するために最低限稼がなくてはいけない費用を算出し、最初の収益目標として設定します。

ここで算出した金額をフリーランスとして稼げそうかどうかが、フリーランスとして生活できない人とできる人の境目となります。

予想収益を低めに見積もろう

次にフリーランスとして稼げるであろう予想収益を見積もるわけですが、なるべく低めに見積もっておきましょう。

フリーランスとして活動を始めると予期せぬ自体はいろいろ起こるものです。

最大収益で生活できると判断出来たとしても、ほとんどの月で最大収益をあげることは難しいため、最低収益で判断した方が計画を立てやすくなります。

フリーランスとしての稼ぎ方は事前に調査すべき


フリーランスとして自分に合った稼ぎ方は、フリーランスを始める前の段階で最低でも調査しておくべき必須事項です。

それも大まかにではなく、具体的にどういった案件を受けるのか、上記で算出した毎月必要な収益を稼ぐために、どんな案件を何件受けるのかまで想定しておくと、フリーランスとしての活動がスムーズにスタート出来るでしょう。

稼ぎ方を確認しよう

今回はエンジニア案件を基本として稼いでいるため、例として紹介していきます。

まずエンジニアの場合だと大きく「客先常駐」と「在宅案件」の2種類に分けることが可能です。

客先常駐であれば、レバテックフリーランスなどのエージェントを通せば、比較的簡単に仕事を獲得することは可能です。

在宅案件に関しては、クラウドワークスランサーズといったクラウドソーシングサービスで案件を受注するのが、最初の1歩としては一般的でしょう。

条件を満たしているか確認しよう

次に案件毎に自分がスキルや条件を満たしているかを確認していきましょう。

レバテックフリーランスを含めた多くのフリーランスエージェントでは、登録していない状態でも多くの案件を確認することが可能です。

こちらの記事ではフリーランスエージェントの比較を行っていますので、ご自身の条件に合ったエージェントを探してみてください。

フリーランスエージェント15社を徹底比較!今登録すべきサービスはここだ!
フリーランスエンジニアとしての活動を始めようと思うんだけどどのエージェントが良いのかな? こんにちはJun(@JunNomad)です。 フリーランスエンジニアとして活動を始める方の中には、まずはフ...

クラウドワークスランサーズでは実際に会員登録して、どんな案件があるのかを確認しておきましょう。

登録は無料で行えるため、いますぐ仕事を獲得しない場合でもあらかじめ登録して、募集内容を適宜チェックすることが大切です。

フリーランスとして生活できないと感じるならスキルアップが必要


実際に案件を確認してみて、自分ではスキル不足かもと感じるのであれば、フリーランスとして生活できないと考えた方が良いかも知れません。

その場合、フリーランスとして独立する前にスキルアップして狙った案件を獲得出来るスキルを身につけておきましょう。

独学で身につける

独学で身につける場合には、動画コンテンツをおすすめします。

例えばエンジニアの場合には、Udemyがコンテンツも充実しておりおすすめです。

時間は掛かりますが、費用をほとんど掛けずにスキルを向上させることが出来る点が魅力です。

スクールで身につける

なるべく早くフリーランスとして働きたい、フリーランスとしての稼ぎで取り戻せるので効率的に学習したいと考えている方にはスクールの利用がおすすめです。

特に専門分野をオンラインで学べるTechAcademy(テックアカデミー)がフリーランスを目指す方には適しているように感じます。

プログラミングスクールにしては珍しく無料体験も実施しているので、興味のある方は一度体験してみるのも良いのではないでしょうか。

転職して身に付ける

今すぐではなく、数年後にフリーランスとして独立したいと考えている方であれば、必要なスキルを転職して企業で身につけるという方法も効率的でおすすめです。

レバテックキャリアなどの大手エージェントであれば、自分が求めるスキルを身につけられる企業が見つかるはずですので、一度相談してみるのも良いかと思います。

さいごに:フリーランスで生活できないか不安な方は具体的な計画が足りてない


本記事では、フリーランスでは生活できないのでは?といった疑問に、現役フリーランスとして働く筆者の意見を交えながらご紹介してきました。

結論としては、フリーランスとして生活費を稼ぐことは十分に可能です。

必要なのは案件を獲得するためのスキルと、独立した後のイメージを具体的に持つことです。

何も考えず独立した場合には、いきなり生活費を稼ぐことが出来るケースは稀ですので、上述したような具体的な計画とスキル不足の場合は対策を行って、フリーランスとしての活動をスタートさせるよう意識しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました