スポンサーリンク

WordPressエンジニアが評価されない理由とは?効率的に稼ぐなら身につけるべきスキル!

WordPressのスキルってエンジニアの中では評価されていないみたいだけど勉強する意味ないのかなぁ。。。

こんにちはJun(@JunNomad)です。

WordPressは世界中のWebサイト制作に使用されている大人気フレームワークであるにも関わらず、Wordpress制作を行うエンジニアに対する評価は厳しい意見が多いのも事実です。

こういった矛盾はなぜ起きているのか?果たしてWordpressは学習する意味がないのかについて解説していきたいと思います。

WordPressエンジニアが評価されない理由を知ろう!


Wordpressエンジニアが評価されない理由としては、誰でも比較的簡単にスキルを身につけられることが原因となっています。

エンジニアであれば、少し勉強すれば理解出来るほど簡単にWebサイトを構築することが出来るような仕組みとなっており、初心者プログラマーでもサイト制作出来てしまうことが要因と言えるでしょう。

エンジニアからの評価である点に注目

まずWordpressエンジニアの酷評元は大抵の場合、エンジニアであるケースがほとんどです。

そもそもエンジニア以外がエンジニアを評価出来ないと言ってしまえばそれまでではありますが、エンジニアと利用者側でも着目する観点が異なります。

エンジニアはより難しい技術を評価する傾向にあり、利用者側は使いやすい技術を評価する傾向にあります。

サイト発注者からの評判が悪いわけではない

ここで注目してもらいたいのが、サイト発注者からの評判がWordpressエンジニアに対して悪いわけではないという点です。

サイト発注者はある程度技術を選定されることもありますが、基本的には要望するシステムが作成出来さえすればどんな技術を使っているかは問いません。

WordPressは簡単に多くの発注者の要望を組み込むことが可能なため、費用が安く済み、むしろ評価が高くなるとさえ言えます。

WordPress制作はエンジニアとしておすすめ出来ない?!


ではWordpress制作自体は、エンジニアとして身につけるスキルとしておすすめ出来るのでしょうか?

これはご自身が目指すべきエンジニア像によって変わってくると言えます。

企業で高収入を狙うなら不十分

まず企業の会社員として、高収入なエンジニアを目指すのであればWordpressエンジニアは正直おすすめ出来ません。

理由は、スキル自体が比較的簡単に身につけることが出来るため、多くのエンジニアが案件に対応することが出来るためです。

高収入を目指すとなると、自分にしか出来ないような専門的スキルが必要になってくるため、Wordpressスキルだけで企業エンジニアとして高収入を目指すことは難しいでしょう。

フリーランスや副業で稼ぐなら依然おすすめ

一方で、フリーランスや副業で稼ぐという点においては、Wordpress制作は依然おすすめのスキルです。

有名な話として、全世界で公開されているWebサイトの3~4割がWordpressを使って制作されていると言われています。

WordPressの代替となるスキルが登場していないことを考えても、今後も勢いは続くものと考えられます。

個人レベルでサイト制作を受注することにも適しているため、個人で稼ぐという意味ではむしろ必須スキルと考えても良いでしょう。

WordPress制作を学ぶべきエンジニアとは


ではここまでの話を換算して、Wordpress制作のスキルを学ぶべきエンジニアは、どういった働き方をするエンジニアなのかを確認していきましょう。

個人レベルでのサイト制作を受注したいエンジニア

上述したように、フリーランスや副業を検討している個人レベルでのサイト制作にはWordpressは非常におすすめのツールです。

AWSやDockerといった技術を身につけても、個人レベルの開発案件で使用することはほとんどありませんが、Wordpressの案件は豊富に存在します。

どんな案件を個人で受けようかと考えた場合には、Wordpress制作が真っ先に候補として挙げられます。

PHPをメインとするエンジニア

企業で働くエンジニアの場合でも、PHPをメインとするエンジニアの場合、Wordpress制作についての知識は抑えておいた方が良いと思います。

PHPとWordpress制作は切ってもきれない関係なため、PHP経験者であればWordpress案件の依頼が舞い込んでくることも少なくありません。

プログラミング言語自体はPHPを使用するため、Wordpress特有の使い方さえ理解してしまえば、使いこなすことは難しくありませんので、勉強しておく価値はあると言えます。

WordPressエンジニアに必要なスキルを効率的に身につけるには?


上述したように、Wordpressエンジニアは発注側にとってはまだまだ需要の高いエンジニアと言えます。

では、Wordpressエンジニアをこれから目指す人が効率的にスキルを身につけるためには、どういった方法が良いのでしょうか?

プログラミングスクールを活用する

金銭的余裕があるのであれば、プログラミングスクールが間違いなく最も効率的にスキルを習得する方法です。

自習するのに比べてサポートがあることは、効率面で大きく異なります。

オンラインで学べるプログラミングスクールも増えており、Wordpress専門コースがあるTechAcademyがおすすめです。

無料体験も実施されていますので、一度試しに申し込んでみるのも良いかと思います。

TechAcademy 無料体験はこちらから >>

動画サイトで学習する

独学でスキルを身につけるのであれば、動画サイトがおすすめです。

最近ではyoutubeでプログラミングを学ぶことも可能です。

一方で、ガッツリ専門的に学ぶのであれば「Udemy」がおすすめです。

頻繁にセールが実施されており、1,200円~2,500円前後で何十時間のオンラインコンテンツを購入出来ますので、まだ試したことがない人はWordpress講座に限らず、ぜひ興味のあるコンテンツを探してみてください。

さいごに:Wordpressエンジニアになるべきかは自分自身の目的によって変わる


本記事では、Wordpressエンジニアが評価されない理由と、現実問題として身につけておくべきスキルなのかについて解説してきました。

結論として、Wordpressエンジニアになるべきかどうかは自分自身の目的によって異なります。

しかし、なぜ評価されていないのかを理解すること、発注者が何を求めているのかを理解すれば、Wordpressがまだまだエンジニアにとって稼げる分野のスキルであることは理解して頂けるかと思います。

IT
スポンサーリンク
jun666をフォローする
スポンサーリンク
海外フリーランス Jun's blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました