スポンサーリンク

30代からのフリーランスエンジニアはおすすめ出来るのか?【実務未経験でも可能?】

もう30代だけどこのまま会社員として働いていくのが正解なのか悩むなぁ。。。

こんにちはJun(@JunNomad)です。

30代に入って正社員として働いてはいるけれども、このまま今の企業で働き続けることが正解なのか悩んでいる方も多いと思います。

かといってフリーランスや起業といったリスクを追ってしまって良いものかも悩むところですよね。

本記事では、現在の働き方からフリーランスエンジニアへの転向を考えている方向けに、30代からフリーランスエンジニアに転向することはおすすめ出来るのかについて、実体験からの情報を元に解説していきたいと思います。

僕自身は28歳の時に正社員のエンジニアからフリーランスへと転向し、経験から感じたことをご紹介していきますので、30代での転向を検討している方の参考になるかなと思います。

30代からのフリーランスエンジニアはおすすめ出来る?


結論からいうと30代からのフリーランスエンジニアは、30代前半の方であればおすすめ出来ます。

30代後半の方であれば、現在の企業でのポジションを考慮した上で、要検討といったところでしょうか。

30代前半はなるべく早くフリーランスエンジニアへの転向がおすすめ

30代前半の方であれば、現在エンジニアとして勤務されている場合、経験年数や実績・若さなどをトータルすると最も評価される年齢であると言えます。

客先常駐型フリーランスエンジニアとして働く場合

フリーランスエンジニアであれば、最も単価が高くなる時期とも言えますので、早い段階で切り替えてしまった方が良いでしょう。

単価が高くなるだけでなく、自分で仕事を選べる時期でもあります。

新しいスキルに挑戦したい方、自分の強みを活かして単価重視の案件を狙う方、どちらにとっても最適な時期と考えられます。

フリーランスエージェントの比較記事を掲載していますので、興味のある方はご確認ください。

フリーランスエージェント15社を徹底比較!今登録すべきサービスはここだ!
フリーランスエンジニアとしての活動を始めようと思うんだけどどのエージェントが良いのかな? こんにちはJun(@JunNomad)です。 フリーランスエンジニアとして活動を始める方の中には、まずはフ...

成果報酬型フリーランスエンジニアとして働く場合

成果報酬型フリーランスエンジニアで働く場合、30代という年齢はほとんど関係ありません。

しかしこれまでの実務経験から自分一人でもある程度のプログラムを制作出来るスキルが身に付いている頃なので、案件を獲得しやすいという意味では適切な時期と言えるでしょう。

また、成果報酬型の場合、案件を継続して獲得出来ないと収入が途絶えてしまうリスクもありますが、30代前半のエンジニアであれば転職はもちろん、客先常駐フリーランスとしても容易に働き先を見つけることが出来るため、挑戦しやすい年齢とも言えます。

30代後半の方は現在のポジション次第で検討すべき

30代後半になると既に役職などのポジションに就いている方もいらっしゃるかと思います。

フリーランスエンジニアでは、役職的なポジションとして働けることはほぼありませんので注意が必要です。

30代後半からの客先常駐型フリーランスエンジニア

30代後半からの客先常駐型フリーランスエンジニアは、正直おすすめ出来ないかなというのが本音です。

僕自身も客先常駐フリーランスエンジニアとして働いていましが、将来性は全く見えないんですよね。

年齢を重ねるごとに案件に採用される確率が下がっていくことは目に見えているため、特に理由なく30代後半から客先常駐型をメインとして働くことはおすすめ出来ません。

一方で、何かの事業を始めたい場合や資金を作りたいといった意味で一時的な客先常駐型フリーランスエンジニアとして働くのは、一気に短期間で稼ぐ意味でもありだと思います。

30代後半からの成果報酬型フリーランスエンジニア

30代後半からの成果報酬型フリーランスエンジニアは、今後独立して生きていきたいと考えている方であればありだと思います。

成果報酬型の働き方は、企業で働いているだけでは身につかないスキルも色々と必要になってくるため、なるべく早い段階で挑戦してしまった方が良いでしょう。

一方で、フリーランスエンジニアに興味がある程度であれば少し危険です。

30代後半になると再就職が難しくなることは事実ですので、ある程度の覚悟を決めた上で独立に向けての一歩を踏み出す方におすすめと言えます。

30代からのフリーランスエンジニアは実務未経験でも可能?!


フリーランスエンジニアの自由な働き方のイメージから、30代の実務未経験でフリーランスを目指す方も増えてきています。

こういった方は実際プログラミングの知識があればフリーランスエンジニアとして活躍出来るのでしょうか?

成果報酬型フリーランスエンジニアであれば可能

成果報酬型フリーランスエンジニアであれば、プログラミングスキルがあってポートフォリオさえ提示出来れば、実務未経験でも可能性はあります。

クラウドワークスランサーズといったクラウドソーシングサイトを使用すれば、仕事を見つけることも出来るでしょう。

一方で、こういったサイトはシステム手数料が高いことや単価が低くなる傾向にあるため、徐々に直接企業から仕事がもらえるようになることが望ましいと言えます。

完全未経験であれば30代前半がギリギリ

では実務未経験だけでなく、プログラミング自体が未経験で30代の方がフリーランスエンジニアになるのは可能なのでしょうか?

不可能ではありませんが、一部の例外を除くと30代前半がギリギリかなといった印象を受けます。

30代前半までの方であれば、下記で紹介している方法を全てこなせば、高確率で客先常駐型フリーランスエンジニアになることが出来ると思いますので一度ご検討ください。

完全未経験からフリーランスエンジニアになるには?約1年で月50万円を達成する手順!
フリーランスエンジニアとして稼いでいる人が多い印象を受けるけど完全未経験からフリーランスになるにはどうすれば良いんだろう? こんにちはJun(@JunNomad)です。 フリーランスとしての働き方...

30代からフリーランスエンジニアになるのはどんな人におすすめ?


30代からフリーランスエンジニアへの転向を検討している人の中で、どういった人がジョブチェンジにおすすめなのかを確認していきましょう。

将来独立することを決めている人

将来独立することを決めている人は、30代でフリーランスエンジニアに転向することはタイミング的にも良いと思います。

実際に独立してみないと経験出来ないことも多いですし、失敗しても会社員として再就職出来る年齢でもあります。

経験もある程度積んでいるため、最もローリスクハイリターンが望める時期ではないでしょうか。

短期間で資金を増やしたい人

短期間で資金を増やしたい人は、客先常駐型のフリーランスエンジニアになってしまうのが、一番簡単かつ確実な方法です。

1年ほど働けば、生活費を節約しなくても数百万円単位の資金を準備出来るケースも珍しくありません。

一方で、客先常駐型では将来性についてはあまり期待出来ないなという印象を受けたので、フリーランスエンジニアとしてのその後を検討しておくことも重要です。

転職を検討している人

転職を検討している人も、一時的にフリーランスエンジニアになってみるのはおすすめです。

フリーランスエンジニアは自分の裁量で仕事を調整出来るため、向いてないと思えばすぐに正社員に転向することも可能です。

転職を検討しているのであれば、切り替えのタイミングで一度フリーランスエンジニアを経験しておくことも、ご自身の視野を広げる意味でも良いのかなと感じます。

30代からフリーランスエンジニアへの転向がおすすめ出来ない人は?


逆に30代からフリーランスエンジニアへの転向がおすすめ出来ない人は下記のような状況の人です。

安定した生活が必要な人

既に家族が居る方や、住宅ローンを組んでいる方など、安定した収入が必要な方にはリスクが高すぎると感じます。

客先常駐型フリーランスエンジニアであれば、経験者なら仕事を見つけることは難しくありませんが、一生続けられる仕事とは言えないのが実際に体験してみた感想です。

やはり正社員の安定性とは比べ物にならないため、最終的に独立を決めている人を除いて安定した生活が必要な人は避けるべきと言えるでしょう。

プログラミング完全未経験

プログラミング完全未経験の方もいきなりフリーランスエンジニアに転向することはおすすめ出来ません。

まずはどこかの企業で実績を積むと同時に、自分自身がエンジニアに向いているのかを確認すべきだと思います。

おそらくプログラミング完全未経験の方が思い描くようなフリーランスエンジニアになることは、実務経験のあるエンジニアでも一握りしか達成していないため、まずは一歩ずつエンジニアとしてのスキルと経験を身に付けていく必要があると考えた方が良いでしょう。

未経験からプログラミングスクールで学べばフリーランスになれるのか?
IT系のフリーランスの人って自由に働いてるイメージで羨ましいなぁ。 未経験からでもプログラミングスクールで学べばフリーランスになれるのかな? こんにちはJun(@JunNomad)です。 I...

さいごに:30代からのフリーランスエンジニアへの転向は決して楽ではない


本記事では、30代からのフリーランスエンジニアへの転向がおすすめ出来るのかについて、僕自身の経験からどういった状況の方ならおすすめなのかをご紹介してきました。

結論として、将来的な独立を真剣に考えている方以外にはあまりおすすめ出来ません。

一方で、将来的な独立を考えている方はいつか挑戦を始めないといけないわけなので、30代というタイミングは良い時期だと思います。

しっかりとご自身の環境や将来を判断した上で後悔しない選択をしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました