スポンサーリンク

at engineer(アットエンジニア)の評判とは?フリーランス向けエージェントを活用しよう!

at engineer(アットエンジニア)ってフリーランス向けのエージェントがあるみたいだけど評判は良いのかな?

こんにちはJun(@JunNomad)です。

フリーランス向けエージェントの「at-engineer」をご存知でしょうか?

直請け案件を中心に、20代から40代のフリーランスエンジニアが数多く利用しているフリーランス向け案件紹介サービスです。

本記事では、「at-engineer」のサービス概要から気になる評判までご紹介していきたいと思います。

at engineer(アットエンジニア)とは


at engineer(アットエンジニア)は、株式会社アイスタンダード (iStandard Inc.)が運営するフリーランスエンジニア向けの求人・案件情報サイトです。

フル常駐の案件がメインではありますが、週2~3日の案件やフルリモート案件を含めて様々な案件が紹介されています。

at engineer(アットエンジニア)のサービス概要

at engineer(アットエンジニア)では、1都3県(東京・神奈川・埼玉・千葉)及び大阪で案件をお探しの20代~40代のフリーランスエンジニアに、短期〜長期・フル常駐~フルリモートまで様々な案件を紹介しています。

エンジニア経験がある方であれば、フリーランスを始めたばかり・これから始める方でも問題なくご利用頂けます。

at-engineerの会員登録はこちらから >>

at engineer(アットエンジニア)の特徴


at engineer(アットエンジニア)では、大手エージェントと比較すると認知度こそ低いのは事実ですが、様々なアプローチでat engineer(アットエンジニア)にしかない特徴を持たせています。

案件の7割が元請け

日本のITエンジニアの単価が低く設定される要因の多くは、多重下請け構造によるものです。

at engineer(アットエンジニア)では案件の7割で元請けとなっているため、高単価・好条件の案件を紹介することが可能です。

また案件の種類も豊富で、上流から下流工程まで様々な案件が紹介可能ですので、ご自身に合った案件を見つけることが出来ます。

働き方改革推奨

フリーランとして働く方の多くは収入アップと自由な時間の確保を目的として、サラリーマンから転身してきます。

at engineer(アットエンジニア)でもフリーランスエンジニアとしての働き方をサポートするために、週2~3日の案件やフルリモートの案件確保に力を注いでいるそうです。

現在はフル常駐案件の方が多い状態ですが、徐々に自由に働く時間を選べる案件も増えてきています。

最短即日払いの柔軟性

フリーランスとしてエージェントを利用する場合、「支払いサイト」という言葉が使われます。

支払いサイトは、例えば4月に働いた報酬の振り込みが5月末に行われる場合「30日サイト」、6月25日に行われる場合「55日サイト」などのように表現されます。

at engineer(アットエンジニア)では、働いた月の締め日に報酬を受け取れる「即日払い」を利用することが可能です。
※手数料が通常支払いサイトよりも別途必要となります。

at engineer(アットエンジニア)の評判


at engineer(アットエンジニア)の評判として多かったのは、サポート体制・担当者の対応が良かったというものでした。

評判の一部を下記でご紹介していきます。

サポート体制の充実

at engineer(アットエンジニア)では、営業担当のレスポンスの早さに定評があります。

連絡を送ってから2,3日経ってしか返事がないことも他のエージェントではよくありますが、即レスポンスが基本となっているため、スムーズに案件探しを進めることが可能との声が多く上がっています。

担当制度で利用しやすい

フリーランスエージェントの中には、担当者が毎回異なり同じ話を何度もしないといけないこともありますが、at engineer(アットエンジニア)では、担当制を敷いています。

担当制度により、気軽に質問・相談が行え、希望する条件の傾向も掴んでもらうことで、より良い案件を紹介してもらうことが出来ているようです。

at engineer(アットエンジニア)の案件一部紹介

企業管理システム(Java)

企業の管理部門向けシステム開発で、Springフレームワークを使用した案件です。

要件定義の業務経験が必要とされており、上流工程のポジション募集と見受けられます。

単価は最大で70万円と設定されており、Javaでの上流工程経験のある方であれば比較的応募しやすい案件です。

AWS上でのアプリ開発(Python)

他社データと自社データを融合させたデータを活用するアプリをAWS上で開発するプロジェクトです。

AWSシステムアーキテクチャ設計のスキルが求められますが、今後増えてくる仕事の1種と考えられ、需要の高い案件の1つです。

単価は最大で80万円と設定されており、高収入を得ながら同時にスキルアップも期待出来る案件となっています。

自社メディアのリプレース(PHP)

既存の社内管理システムのリプレイス案件で基本設計からのスタートとなります。

大阪の案件で、単価は最大で70万円と設定されています。

PHPの案件ではありますが、Java・Ruby・PHPのいずれかで経験が5年以上あれば良いとされているため、業務系・Web系システム開発経験者であれば対象となりそうです。

at engineer(アットエンジニア)への申し込み方法


at engineer(アットエンジニア)への登録はWebサイト上から簡単に行うことが可能です。

まず下記のサイトへアクセスします。
at-engineer

トップページの「無料会員登録」ボタンをクリックします。

無料登録フォームが表示されますので、必須項目を入力して「送信ボタン」をクリックすれば完了です。
※保持スキル・要望などは入力しなくても問題ありませんが、面談時までに準備しておくようにしましょう。

入力したメールアドレス宛に担当者より連絡がありますので、事前面談の日程を調整します。

オフィスでの面談のほかに、ビデオ面談も可能です。
at-engineerの会員登録はこちらから >>

どのエージェントにするか決めかねているという方は、フリーランスエージェント各社を比較した下記記事も合わせてご確認ください。

フリーランスエージェント15社を徹底比較!今登録すべきサービスはここだ!
フリーランスエンジニアとしての活動を始めようと思うんだけどどのエージェントが良いのかな? こんにちはJun(@JunNomad)です。 フリーランスエンジニアとして活動を始める方の中には、まずはフ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました