スポンサーリンク

セブ留学の1ヶ月で掛かる費用はいくら?僕の体験談でまとめてみた!

セブ留学が安いって聞くけど1ヶ月行くとしたらトータルでいくらくらい必要になるのかな?

こんにちはJun(@JunNomad)です。

セブ留学は英語の語学留学の中でも、格安で留学が出来るとあって日本人にも人気となっています。

では実際に安いとは聞くけれども1ヶ月でいくら費用が掛かるのでしょうか?

セブ留学とカナダワーホリの2ヶ国留学を終えた僕が実際にセブ留学1ヶ月で掛かった費用を紹介していきたいと思います。

セブ留学の1ヶ月で掛かる費用はいくら?


セブ留学の1ヶ月で僕が掛かった費用はズバリ総額「約25万円(航空券代抜き)」です。

安いか高いかは主観的な部分も大きいとは思いますが、思ったより高くないですか?

具体的な内訳を見ていきましょう。

では実際に「約25万円」の留学費内訳を見ていきましょう。

語学学校の費用

まず僕が通った語学学校は「QQ English シーフロント校」です。

料金は上記表のように、留学期間や宿泊する部屋により変動しますが僕の場合は赤枠で囲んだ「213,500円」でした。

シーフロント校に備え付けの宿泊施設で、鍵付きの個人部屋ですが、バスルームは隣人と2人でのシェアとなります。

授業は50分*6コマ(マンツーマンレッスン) + 50分*2コマ(3~4人のグループレッスン)が月曜日から金曜日までみっちりと受けられます。

飲食費

QQ Englishでは、バイキング形式で3食(朝・昼・夜)の料金が含まれています。

したがって外食を一切しないのであれば、飲み物代だけで1ヶ月過ごすことも可能です。

僕の場合は、週末にセブシティまで飲み行くことも多かったため、費用としては1ヶ月で2万円程度掛かっています。

意外と高いと思うかも知れませんが、毎週金土飲みに行って合計8回としても一回で使った費用としては2,500円に届かないくらいなのでかなり安いと思います。

セブ島で有名な「Lantaw」などのレストランに行ったり、バーなどにも遊びに行っての値段なのでかなり安く済んでいると思います。

アクティビティ

アクティビティをどれだけするかで、滞在費は大きく変わってきます。

セブで有名なアクティビティとしては、「ジンベイザメと一緒に泳ぐシュノーケリング」や「アイランドホッピング」、「カワサンフォールからのダイブ」などが挙げられます。

僕は「アイランドホッピング」だけに申し込み、しかも現地のアクティビティ業者に直接連絡したため、「船貸切+水上バーベキュー+シュノーケリング」で2つの島を回り、トータル6時間で1人3,500円程度で済みました。

他に雑費や生活費・お土産代などを含めてトータルで約25万円となりました。

セブ留学1ヶ月の語学学校費用を比較してみよう


僕がセブ留学した「QQ English」は日本人オーナーの語学学校として最大手ではありますが、他の学校でもっと安いところがないのか比べてみましょう。

セブ留学語学学校比較

比較内容としては、同じ4週間という期間で8時間のレッスン、標準タイプの部屋で1人部屋という条件で比較しています。

レッスン時間・費用にどれだけの違いがあるのかを確認してみてください。

学校名 レッスン数内訳 料金 備考
QQ English(シーフロント校) ・グループレッスン2コマ
・マンツーマンレッスン6コマ
213,500円 立地が抜群(シーフロント校では海が目の前でセブ留学で誰もが想像するそのままの景観)
サウスピーク ・グループレッスン1コマ
・マンツーマンレッスン3コマ
・義務予習4コマ
199,800円 ・ワーキングホリデーを失敗させない「ワーホリ準備プラン」
NILS
・マンツーマンレッスン8コマ 199,500円 *0円留学受け入れ中* セブ島 語学学校NILS

「立地を重視するのか」、「ワーホリ準備に特化した語学学校を選ぶのか」、「マンツーマンレッスンの数を重視するのか」ご自身の目的に沿ったセブ語学学校を選ぶようにしましょう。

語学学校比較ならエージェントに問い合わせるのが一番簡単

セブ語学学校に限らず、語学学校を比較するならエージェントに頼んでしまうのが一番簡単です。

フィリピン全域に対応しており、無料でオンライン面談を提供している「スクールウィズ」などが有名です。

ご自身の予算や目的を明確にするためにも、無料で相談出来るので一度試してみても良いかも知れません。

さいごに:セブ留学の1ヶ月費用は総額するとそこまで安くない


本記事では、1ヶ月のセブ留学を実際に体験した筆者が実際に掛かった費用をご紹介してきました。

結論としては、セブ留学が安いとは言われているけれども、トータルコストとしてはそこそこ掛かっているなというのが実感です。

それでも、英語圏の語学学校に行くよりは遥かに安く、語学学校以外の費用はほとんど掛からないと言っても過言ではないため、英語留学先としてフィリピンは非常にオススメです。

ご自身の目的に合った範囲内で費用を安く抑えられる語学学校を探してみてください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました