スポンサーリンク

Webライティングの必須テクニック!SEOの基礎知識を知ろう!

ブログで不労所得を確認したいけど全然成果が出ないなぁ。

収益に繋げるにはコツがあるのかな?

こんにちはJun(@JunNomad)です。

ブログやWebライターの仕事は、副業として気軽に始めやすいことから多くの方が挑戦しようと考えるものです。

一方で、ブログで収益化出来ない、Webライターの仕事で全然稼げないといった事実に直面し、やめてしまう人が多いのも事実です。

ブログにしてもWebライターとして稼ぐにしても、Webライティングの知識は必須スキルとなります。

本記事では、中でも特に重要となる「SEO」の基礎知識についてご紹介していきたいと思います。

これからWebライティングを始められる方はもちろん、イマイチ成果が出ないなとお悩みの方もぜひ今一度ご確認ください。

Webライティングの必須テクニック!SEOの基礎知識


Webライティングは、誰でも出来る仕事に思われがちですが、実は商品や販売に繋げたり、google検索で上位表示をさせようと思うとSEOの知識は欠かせません。

SEOは「Search Enging Optimization」の略称で、検索エンジンに最適化したWebページを作成する技術を指します。

SEOの目的

SEOの一番の目的は、作成したWebページを検索結果の上位として表示することです。

せっかく書いた記事も検索結果で上位に表示されなければ、多くのユーザーに読んでもらうことが出来ません。

そこでユーザーに評価してもらうだけでなく、検索エンジンに有益な記事を評価してもらうために、SEOスキルを駆使してWebサイトを作成する必要が出てきます。

SEO対策のメリット

SEO対策のメリットは、基本的に無料で実施することが可能で、検索結果上位に表示されると売上に繋がるユーザーを獲得出来る点にあります。

検索ユーザーというのは、興味があったり・問題を解決したいために検索しているので、販売したい商品やサービスの顧客となる可能性が非常に高いユーザーと言えます。

しっかりとSEO対策を行うことで、検索結果の上位に記事を表示出来るようになり、売上に直接繋がるメリットがあります。

SEO対策のデメリット

一方でデメリットとしては、まずGoogleアルゴリズムに明確な答えがないため、どれだけ時間を掛けても無駄に終わってしまうことがあります。

また、Googleのアルゴリズムは定期的にアップデートされており、上位表示されていた記事がいきなり圏外となることもあり得ます。

売上の大きいキーワードは競合も多いため、せっかくSEO対策に時間を掛けても、無駄に終わってしまうことも考慮しておかなければいけません。

WebライティングでSEOを使いこなすポイント


Webライティングにおいて、SEO対策を使いこなすためには、ポイントがいくつか存在します。

「検索ワードとの関連性」「専門性」「独自性」の大きく3つで魅力的な記事を書くことが出来れば、検索上位に来やすいとされています。

検索ワードとの関連性

記事を執筆する際、ある程度テーマを決めて執筆することになりますが、上位で表示したいキーワードと記事の関連性を高めておくことがSEO的には重要なポイントです。

もう少し具体的に説明すると、タイトルには狙っている検索キーワードを含める必要があります。
今回の僕の記事の場合「Webライティング SEO」の2つが対象の検索キーワードです。

次に見出しにも検索キーワードと関連性を持たせた方が良いとされています。
全ての見出しに必ず入れないといけないとは言いませんが、ある程度差し込んでおいた方が評価されやすいと言われています。

今回の僕の記事でもh2の見出しには、全て「Webライティング SEO」のキーワードが入っていることをご確認頂けるかと思います。

専門性

専門性は、例えば今回の記事の場合、Webライティングの中でもSEOという部分に特化した形で記事を執筆しています。

そこに僕自身がフリーランスのWebライターとしての経験から、より専門的な知識をご紹介しています。

記事単体での専門性ももちろんですが、Webサイト毎に特化した内容で記事を書いた方が、ドメイン(自分のURL)に対するgoogleからの評価が上がるとも言われています。

僕の場合は、IT系の情報を中心に記事を書いているので、WebライティングとSEOも専門範囲内ですね。

独自性

記事それぞれに独自性を持たせることも、SEO対策には有効と言われています。

検索した上位記事を見ると、どのサイトも似たような記事内容だなと感じることも少なくないですよね。

そこに自分にしか出せないオリジナリティを追記することで、他のサイトよりもgoogleが高評価を与えてくれ、より上位にランクイン出来る可能性が高まります。

今回の記事の場合は、上述した「Webライティング SEO」が今回のターゲットキーワードと具体的な対象ワードまで暴露している部分などが挙げられます。

SEO知識に頼りすぎたWebライティングはかえって読みにくい


ここまで、Webライティングにおいて、多くのユーザーに読んでもらい、売上に繋げるためにはSEO知識が欠かせないとご紹介してきましたが、注意点もあります。

SEOを意識し過ぎると、ユーザーにとって読みにくい記事が出来上がる可能性も低くないため、加減が必要です。

ユーザーファーストが前提

最終的に記事を読んでもらうユーザーのことを最優先で考えることがポイントとなります。

もちろん検索上位にならないと読まれる確率は下がってしまいますが、上位表示されてもユーザーにとって読みにくい記事であれば、離脱率が高まりますし、まして売上に繋げることは出来ません。

あくまでSEO対策を意識しながらも、最重要となるポイントはユーザーにとって分かりやすい記事を書くことです。

SEOの答えは分からない

SEO対策で調べると様々な解説記事が出てきますが、最終的な答えは分かりません。

SEO対策では、主にGoogleの検索アルゴリズムに対しての対策を行うわけですが、Googleの検索アルゴリズムが公開されていないため、正解は誰にも分からないのが事実です。

あくまでSEO対策は先駆者達の経験から来ている情報なので、SEO対策を全て実施した記事を書いたからといって、上位に表示されるとは限らないことは覚えておきましょう。

WebライティングにおけるSEOスキルを向上させる方法


ではここまでご紹介した内容を元に、WebライティングにおけるSEOスキルを向上させるにはどのような方法が良いのでしょうか。

最終的にはなるべく多くの記事を書くことが必要になりますが、知識として蓄える方法についてご紹介していきます。

検索キーワードの上位記事を読み込む

まず狙った検索キーワードの1ページ目に表示されている上位10記事を読んでみましょう。

タイトル・見出し・序文・記事構成などを確認していくと、ある程度共通点(検索キーワードとの関連性)が見つかるかと思います。

そこに上述したような「専門性」「独自性」を追加することで、上位表示を狙う方法が一般的です。

書籍から知識を得る

SEOに関する書籍は数多く出ていますが、僕がおすすめする書籍は2つだけです。

沈黙のWebライティングに関しては、漫画でSEOの基礎知識を学ぶことが可能です。

漫画といっても内容はこれ一冊で十分にSEOを学べるようになっており、ベストセラーともなっている一冊です。

SEOには様々な知識がありますが、内部対策のスキルを学びたいのであれば下記の一冊が断然おすすめです。

初心者にも分かりやすい内容となっていますので、必読の一冊です。

Webマーケティングスクールで学ぶ

Webマーケティングにおいても、SEOは必須スキルと言えるため、スクールで学ぶ方法を選ぶことも可能です。

Webマーケティングスクールは、プログラミングスクールに比べると数も少なく選択肢が少ない状態ですが、DMM MARKETING CAMP(DMMマーケティングキャンプ)は大手DMMグループが運営するサービスで、評判も非常に高いWebマーケティングに特化したスクールです。

DMM MARKETING CAMP(DMMマーケティングキャンプ)が熱い!未経験からWebマーケターに!
給料上がらないなぁ。 副業を始めるか転職を検討しないと自由に使えるお金が全然ないぞ。。。 こんにちはJun(@JunNomad)です。 給与がなかなか上がらず転職や副業を検討している方も増え...

さいごに:WebライティングでのSEOに答えはない


本記事では、Webライティングの必須テクニックであるSEOについての情報をご紹介してきました。

自分のブログやクライアントさんからの依頼に関わらず、Webライティングで検索上位に表示させ、売上に繋がるような記事を書くためにはSEOの知識は欠かせません。

知識だけに頼り過ぎるのもあまり良くないですが、最低限のSEO知識を身につけた上でWebライティングすれば、これまでよりもユーザーにとっても有益な記事が出来上がることは間違いないでしょう。

Webライターをお探しの方で、本記事に興味をお持ち頂けた方はぜひTwitterまたは問い合わせフォームよりご連絡ください。
IT
スポンサーリンク
jun666をフォローする
スポンサーリンク
海外フリーランス Jun's blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました