スポンサーリンク

Webライティングを練習する最適解とは?3ステップで身につけよう!

Webライティングで稼ぎたいんだけど最適な練習方法って何だろう?

こんにちはJun(@JunNomad)です。

Webライティングは、IT関連の仕事の中でも比較的参入障壁が低いため、本業・副業・ブログなどを問わず多くの方が挑戦しようと考える分野ですよね。

一方で、実際に挑戦してみると、本業で指摘されてばかり、副業のライティング案件が継続されない、ブログで収益があがらないといった悩みを抱えている方も多いかと思います。

そこで本記事では、Webライティングを練習する方法について、効率的に学習する方法を3ステップでご紹介していきたいと思います。

Webライティングはスキルを身につければ、様々なビジネスと組み合わせることで大きく稼ぐことが可能出来る魅力的な分野です。

ぜひ今回ご紹介する練習方法でWebライティングスキルを向上させ、需要の高い記事を量産出来るように挑戦してみましょう。

Webライティングを練習する最適解とは?


Webライティングを練習するためには、下記の3ステップでスキルを身につける方法が最適解でしょう。

  • 知識を吸収する
  • 構成を考える
  • 実践を繰り返す

それぞれのステップの詳細は下記で解説していきます。

まずは一通り3つのステップを順番に練習してみて、まだまだ理解出来ていないなと感じた場合には、ステップ1,2に戻って理解を深めるようにしましょう。

Webライティングの練習ステップ1: 知識を吸収する


Webライティングのスキルを会得しようと思うと、最低限の知識を得た上で練習する方法が効率的と考えて問題ありません。

大まかには「書籍」「スクール」「ブログ」の3つから知識を吸収することが可能です。

書籍から知識を得る

書籍から知識を得る方法は、従来から利用される最も一般的とも言える方法です。

今回は中でもぜひ読んでおきたい書籍を3冊ご紹介したいと思います。

沈黙のWebライティング

漫画のストーリー仕立てで、SEOに関する基本的な知識を抑えることが出来るベストセラーの書籍です。

新しい文章力の教室

ニュースサイト「ナタリー」のWebライター向けトレーニングを書式化したものです。

例文を掲載しながら、どのように修正すればより良い記事となるのかを、具体的に紹介されています。

SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64

SEOを意識したWebライティング方法を、豊富なサンプルを交えながら具体的に解説された一冊です。

成功法則64ということで全64章から構成されていますが、各章が独立しているため、自分に必要な知識を抜粋して学ぶことも可能です。

スクールで知識を身につける

Webライティングのスクールとしては、オンラインの通信講座でヒューマンアカデミーの提供する「たのまな」などが有名です。

在宅workのスキルを身につけるコースとして、Webライティング専門のコースが提供されており、半年間でWebライティングに必要なスキルを体系的に学ぶことが可能です。

また、Webライティング用のコースというわけではありませんが、Webマーケティングを専門で学べるスクールにはDMM MARKETING CAMP(DMMマーケティングキャンプ)などが挙げられます。

Webライティングのスキルは最終的に、何か商品やサービスを売ることに繋げることが目的となるため、Webマーケティングの知識を身につけるのも非常に有効な方法です。

他の人のブログからコツを盗む

他の人のブログからコツを盗むことも、Webライティングの知識を身につけるためには重要です。

文章を丸々コピーすることは盗作となってしまいますが、どういった内容が上位表示されれているのかを確認し、必要な情報を収集することは、むしろ必須の手順とすら言えます。

様々なキーワードの検索上位記事を確認していくと、どういった記事の内容が上位表示されているかを確認出来るため、収集した情報に自分の独自性を持たせることにより、魅力的な記事を作成することが可能となります。

Webライティングの練習ステップ2: 構成を考える


Webライティングを練習する上で、意識しておくべきポイントとして、記事の構成を執筆前に検討することは重要です。

プログラミングや建築における設計のようなもので、構成の段階でしっかりと作り込んでおくことで、文章にまとまりを持たせることが出来るようになります。

タイトル

Webライティングにおいて、タイトルの重要性はあまり強調されませんが、実は大事なポイントです。

タイトルがユーザーの目に止まらないと、そもそもクリックしてページを開いてもらうことが出来ません。

SEO対策として、狙っているキーワードを必ずタイトルに含ませるなどの基本的なポイントを抑えた上で、印象的なタイトルを付けられるように意識してみましょう。

導入文

ユーザーがページを開いてまず目にする事になるのが、導入文です。

凄腕のWebライターであれば、導入文だけで商品を成約させてしまうとも言われています。

記事の情報簡潔にまとめつつ、記事を読んで詳細な内容を知りたいと思わせる導入文が書けるとWebライターとしてのレベルが一段階上がるでしょう。

見出し

見出しを適切に配置することも、Web記事を見やすくするための重要なポイントです。

見出しはSEO対策としても重要であり、ユーザーが読みやすい記事と感じるかを分ける部分でもあります。

初心者が書いた記事では、見出しが少なく文章量が多すぎるように感じる記事も多いため、読みやすい記事の見出しはどのように設定されているのかを意識しながら、他の人の書いたブログやWebコンテンツを読んでみましょう。

締め

締めの部分では、執筆した記事のまとめとして、再度伝えたいことを明確にする部分です。

自分の意見を押し付けるのではなく、自分はこう思うということを明確化した上で、読者の行動を促すような締めの文章が書けると、魅力的な記事と感じてもらいやすいようです。

Webライティングの練習ステップ3: 実践を繰り返す


Webライティングの練習として、最終段階は実践を繰り返す事になります。

結局、知識だけを詰め込んでもダメで、アウトプットが必要です。

ブログ

ご自身でブログを作成して、記事を執筆してみることはWebライティングの練習としておすすめです。

ブログの場合、クライアントさんがいないため、自分なりの試行錯誤がいくらでも出来るのが良いですね。

せっかくブログを始めるのであれば、ASPサービスと呼ばれるA8.netもしもアフィリエイトafbバリューコマースあたりは全て登録しておくことをおすすめします。

クラウドソーシング

実際に副業としてクラウドワークスランサーズといったクラウドソーシングサイトから案件を引き受けるのもおすすめです。

練習と言ってしまうと、クライアントさんに失礼になるため、自分自身のWebライティングスキルを全て投入することは当然ですが、実際に案件を受けてのWebライティングでは得るものが多いのも事実です。

スポーツでも試合で学べることが多いのと同様、Webライティングでも案件を受けて執筆してみて初めて気づくことも多くあります。

さいごに:Webライティングスキルは練習することで向上させられる


本記事では、Webライティングスキルを向上させるための練習方法についてご紹介してきました。

今回ご紹介した3ステップはどれか1つを集中的に練習すればスキルが上がるようなものではなく、全てを順番にこなしながら、足りないスキルを随時ステップバックして補っていくとことが必要になります。

Webライティングスキルに明確な答えはありませんが、なるべく多くの読者が読みやすいと感じ、商品やサービスを購入したいと感じるような魅力的な記事が書けるように練習を積んでいきましょう。

IT
スポンサーリンク
jun666をフォローする
スポンサーリンク
海外フリーランス Jun's blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました