スポンサーリンク

働きたくない人が取るべき選択肢!一生サラリーマンでは脱出不可!

働きたくないなぁ。。。

定年まで一生消えない悩みなのかなぁ。

こんにちはJun(@JunNomad)です。

「働きたくないなぁ。」誰もが持つ感情ですよね。

僕自身も現在働くことから脱却するために試行錯誤中ですが、方針と目指すべき道を共有したいと思います。

働きたくない人が取るべき選択肢


働きたくない人が取るべき選択肢は大きく2つ、「事業所得を作る」「投資収益を得る」これに尽きます。

ちなみに極限まで生活費を下げて「最低限だけ働く」もアリかなと思います。

事業所得を作る

「事業所得を作る」に関してですが、一見すると事業作っても働かないと収入を得ることは出来ないと考えられるため、矛盾しているように感じます。

一方で、自分が居なくても収入が入ってくる仕組み作りさえ出来てしまえば、働かなくても収入を確保することは可能です。

仕組み作りが一番難しいところではありますが、最終的には自分の名義で信頼と責任を担保してクライアントから仕事を受注し、従業員やチームメンバーに仕事を割り振って完成させるという手法に落ち着くのかなと思います。

投資収益を得る

「投資収益を得る」も不労所得で暮らしていくには、検討したい方法ですね。

というよりも働きたくない人が目指すべき最終地点が、投資収益だけで生活資金を担保することだと思います。

投資で生活資金を賄うほどの収入を得るためには、莫大な資金が必要というのは事実です。

一方で、なるべく早く投資に手を出しておいた方が、最終的な目的となる「働かなくても投資収入だけで生活する」ことに近づくことが出来ます。

この辺りは別記事で解説していきます。

最低限だけ働く

多くの方が、会社員として働きながら毎月の生活費とわずかな交際費で、収入のほぼ全てを使い果たしてしまっているのではないでしょうか?

実は正社員に拘って貯金も出来ず、副業をすることも出来ないというのが「働きたくない」という感情から脱出する、一番遠いことを実践しているんですよね。

実家がある人なら、実家に戻れば家賃などの生活費はほとんどただ同然となります。

生活費をなるべく安いところに移住するだけでも、月々10万円もあれば十分暮らしていける環境はいくらでもあります。

周りの目を気にせず、こうした暮らしを選択すればアルバイトなどでも余裕で暮らしていくことは出来るんですよね。

そこから上述した事業所得に繋がる働き方に切り替える、生活費が浮いた分を投資での収入に回してみることによって、働かなくても生きていける環境に近づくことが可能となります。

働きたくない人は副業から始めるのも有効


働きたくない人が副業まで始めたら余計に働くことになるため、矛盾しているように感じますよね。

ですが上述したように、働きたくないならば最終的には「事業所得」「投資収益」のどちらかが必要になってきます。

副業はリスクを最小限にスタート出来るのでおすすめ

副業はいきなり事業所得や投資だけの生活に移行するよりも、現実的かつローリスクでスタートすることが可能です。

働きたくない人には余計に負荷が掛かることになるため、賛否両論かと思いますが、リスクを取るか安定を取りながらも将来的に働かなくて済むような生活に切り替える準備をするかの違いですね。

一般的に日本で会社員として働いている方で、将来セミリタイアを検討している方が、最も多く取る選択肢だと思います。

副業にはIT関連が相性が良い

副業を始めるにあたっては、IT関連が相性的に良いと感じます。

例えばプログラミングやWebライティングなどが代表的な副業です。

IT関連の副業では、働く場所を選ばないため、休日や仕事終わりに自宅で出来ることが大きなメリットとなります。

働きたくない人こそIT業界!?実は日本は恵まれている


きついイメージが付き物のIT業界ですが、実は働きたくない人こそ将来を見据えた際に、IT業界へ転職してしまうのもありなのかなと思います。

IT業界へ転職とまではいかなくても、ITスキルを身につけることも同様です。

事業を始めるための資金がほとんど掛からない

事業を始めるとなると、一般的には事務所の家賃や光熱費、仕入れ費など様々な準備費用と毎月の固定費が掛かってしまいます。

一方で、IT関連で事業を始めるなら、必要な経費はサーバー代とドメイン代程度で十分です。

エックスサーバー」という、多くのWebサイトで使用されているブランドでも、毎月1,000円程度でサーバー代とドメイン代を賄えてしまいます。

もちろん自宅で作業を始めれば、家賃や光熱費は事業を始める前から支払っていた分から変わりません。

フリーランスは最も手軽な事業所得への移行

フリーランスになるというのも簡単に事業所得へ移行する方法の1つです。

中でもエンジニアやデザイナーの方向けにはなってしまいますが、「客先常駐フリーランス」と呼ばれる働き方は、会社員と何も変わらない働き方で事業所得へ移行することが可能です。

働きたくない人には何のメリットがあるのかと疑問に思うかも知れませんが、事業所得に切り替えることで税金面でお得なことが増えるため、事実上働いている時間や内容は同じなのに、使える金額を増やすことが容易に実現出来ます。

レバテックフリーランスとは?気になるマージン率や登録方法を確認しよう!
初めてフリーランスになるからエージェントに登録したいけどどこが良いかな? こんにちはJun(@JunNomad)です。 フリーランスエンジニアとしての第一歩に、客先常駐フリーランスを選ぶ方は少なく...
ポテパンフリーランスとは?未経験でも登録出来るのか?【キャリアカウンセリング実施中】
初めてフリーランスになるんだけどエージェントはどこが良いのかな? こんにちはJun(@JunNomad)です。 フリーランスとして活動を始める際、普段以上に慎重に利用するエージェントに関して検...

実は未経験でもIT業界へ参入出来るのは日本くらい

実は未経験でIT業界へ参入出来るのって日本くらいなことをご存知でしょうか?

海外では、大卒の方であってもIT関連の学部を卒業していないと、IT業界へ参入することが難しい国がほとんどです。

一方で、日本の場合は、大卒だけでなく高卒、更に言うと学歴に関係なくスキルさえ身に付けてしまえば誰でもIT業界への道が開かれているんですよね。

そういった意味では、賛否両論ありますが、プログラミングスクールなどでIT関連のスキルを身に付けてIT業界への足掛かりとし、独立に向けたスキルを習得する方法もありなのかなと感じます。

プログラミングスクールって働きながら(仕事・バイトしながら)でも受講出来る?!結論は可能!
プログラミングスクールへ通いたいんだけど仕事が忙しんだよなぁ。 こんにちはJun(@JunNomad)です。 IT業界への転職を検討しているけれども、実際には仕事やバイトが忙しくて十分な時間を取れ...
プログラミングスクールならまず無料のところを検討すべき理由!注目スクール3(+1)選
プログラミングスクールは有料・無料どちらもあるみたいだけどサービスの質って違うのかな? こんにちはJun(@JunNomad)です。 プログラミングスクールは有料に限らず無料でサービスを提供してい...

働きたくない人も労働収入を抜け出すための努力は必要


本記事では、働きたくない人向けに目指すべき方向性と身につけるべきスキルをご紹介してきました。

結論として、働きたくないのであれば最終的に「労働収入」から脱出することは最低条件になると思います。

その中でも、僕自身が思うのは現状IT関連の知識を学び、「事業所得」へ移行することが最短の脱出ルートなのかなと感じています。

賛否両論あるかとは思いますが、共感出来る方はぜひ今後のプランとして今回ご紹介した内容を取り入れてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました