スポンサーリンク

Code Villageなら身に付く!今一番必要なプログラミング言語JavaScript特化型スクール

プログラミングスクールで必要なスキルだけを効率的に身に付けたいんだけどどうすれば良いかな?

こんにちはJun(@JunNomad)です。

プログラミングスクールを検討している方の多くは業界未経験者のため、本当に必要とされているスキルは何なのか把握出来ていない方も多くいらっしゃると思います。

2020年現在、需要の高いプログラミング言語ランキングで必ず上位に入ってくるのが「Javascript」です。

本記事では、Javascript特化型のプログラミングスクール「Code Village」についてご紹介していきたいと思います。

Code Villageとは


Code Villageは、株式会社Permilが運営するJavascriptに特化したプログラミングスクールです。

「未経験から4ヶ月で人生を変える」をコンセプトに設定しており、短期間で最も需要の高いスキルJavascriptに特化して学習を行います。

Code Villageのサービス概要

Code Villageでは、週に1回2時間(土日どちらか)のオンライン授業を提供しています。

オンラインのみで完結するため地方在住者でも受講可能です

平日はオンライン配信動画を活用した自習形式でプログラミング学習を進めてもらうため、働きながらでも受講しやすい形式となっています。

受講生の80%以上は未経験からのスタートで、バックグラウンドがIT業界以外の方が93%を占めているため、未経験で不安な方でも気軽に受講を検討してみてください。

Code Villageの無料カウンセリングはこちらから >>

Code Villageの特徴


Code Villageでは、業界最安水準の価格帯でレッスンを提供していますが、大手スクールに負けないコンテンツが用意されています。

レッスンを効率化しJavascriptに特化させることで低賃金高品質を確保しています。

効率性を重視した授業スタイル

フロントエンドエンジニアにとって必須となるHTMLなどのマークアップ言語に関しては、授業が始まる前の事前学習で予め基礎的なスキルを身に付けておきます。

独学でも十分に身に付けることが出来る基本的な部分であるため、オリジナルの動画教材で自主学習してもらうことで、受講料を下げることにも繋がっています。

JavaScriptに特化したカリキュラム設定

プログラミングスクールの4ヶ月間という短い期間では、様々な言語に手を出しても実務レベルの力が身に付かず、全て入門レベルの力しか結局身につかないということになりかねません。

Code Villageではあえて最も需要の高いJavascriptに特化することで、短期間の学習でも実務レベルまでスキルを引き上げます。

またJavacriptに特化させているからこそ、最新のフレームワークや技術をレッスンの中に組み込むことが可能となっています。

中途解約・返金制度

Code Villageでは受講を開始した後でも、コンテンツ内容に不満があればいつでも受講していない分の料金を全額返金する制度を提供しています。

よくある8日以内なら返金という制度ではなく、いつでも返金可能な制度のため、受講者としては気軽に申し込みを行うことが出来る点もポイントです。

Code Villageの学習内容


Code Villageでは、時代に合わせて学習するスキルを選び自己習得を可能とする「戦略的学習能力」と、全レイヤーの構造理解・アプリ開発の工程を理解して自分自身で学び・問題解決する力を持つ「自走型エンジニア」を育成しています。

マークアップ言語/HTML

まずWebサイト作成には欠かせないスキルであるマークアップ言語「HTML」の基礎を学びます。

土台となる知識を最初に抑えておくことで、プログラミング言語習得の助けにもなります。

JavaScript基礎/応用

Javascriptの基本的な構文から、関数型プログラミングまで実務で必要となるスキルを身に付けていきます。

またJavascriptを通してオブジェクト指向の概念も合わせて学んでいきます。

DOM

DOMは「Document Object Model」の略称で、JavaScriptを利用してhmtlの要素を操作するための仕組みを指します。

DOMを学ぶ際に、HTMLサーバーやドメイン、URLの仕組みなどを知識として身に付けることが可能です。

React基礎/応用

現在JavaScriptフレームワークの中で世界的に需要が高い「React」を基礎から応用まで学習していきます。

JavaScriptフレームワークでは、AngularやVueといったフレームワークも人気ですが、1つのモダンなフレームワークを身に付けてしまえば、他のフレームワークを学習する際にも応用が可能です。

Reactを通して「Component」「Props」「State」といったモダンフレームワークに必須の知識を身に付けていきます。

チーム開発

実際の現場ではチーム開発が基本となり、様々なツールを利用して開発を進めます。

Code Villageでも「GitHub」「NPM」「CI/CD」などのツールを使用し、ソース管理・パッケージマネージャー・継続的インテグレーションなどの実践的スキルを身に付けることが可能です。

Code Villageなら事前動画学習が利用可能


Code Villageでは、授業が始まる前にマークアップ言語を事前動画学習で身に付けることから始まります。

授業が始まる前ですので、実際に受講申し込みをする前のユーザーも利用することが可能です。

受講申し込み前に閲覧可能な範囲

受講申し込み前のユーザーには第1回・第2回の講義動画を無料で視聴することが可能です。

この2回のレッスンで「環境構築」「マークアップの基礎」を学ぶことが可能です。

無料カウンセリング受講で更に講義動画を視聴可能

Code Villageの無料カウンセリングを受講すれば更に第3回・第4回の講義動画を無料で視聴することが可能です。

事前学習動画は合計18本用意されており、下記の学習内容となっています。

Code Villageの無料カウンセリング申し込み方法


Code Villageの無料カウンセリングはWebサイトから簡単に申し込むことが可能です。

まず下記のサイトにアクセスします。
Code Village

トップページの「無料カウンセリングに申し込む」ボタンをクリックします。

申し込み用ページが表示されますので必須項目を入力し「送信」ボタンをクリックします。

3営業日以内に基本的にはメールまたは電話で担当者より連絡がありますので、具体的なカウンセリング日程を調整してください。
Code Villageの無料カウンセリングはこちらから >>

コメント

タイトルとURLをコピーしました