スポンサーリンク

バンクーバー?トロント?カナダワーホリ人気の2都市どっちがおすすめ?

カナダにワーホリに行くことは決まったけど行く都市が決められない!

結局どの都市に行けば後悔しないんだろう??

こんにちはJun(@JunNomad)です。

カナダへのワーホリは、英語ネイティブ国で治安も良いことから非常に人気で多くの方が毎年渡航しています。

カナダにワーホリで行くことを決めたのは良いものの、まず最初に悩むのが都市選びですよね?

せっかく日本から遠い国カナダへの渡航を決めたんですから誰しもが後悔のない生活を送りたいと考えるのは当然です。

本記事では、カナダワーホリの渡航先としてバンクーバーを選び、間も無くカナダでのワーホリ生活を終えようとしている僕が、都市選択に悩んでいるワーホリ渡航前の方向けに考慮しておいて良かったポイント・考慮しておけば良かったポイントをご紹介していきたいと思います。

ワーホリは長期滞在!カナダの気候はしっかりと考慮しよう!

ワーホリでの滞在は旅行などとは異なり、ある一定期間以上を海外で生活することで様々な経験を得られるのが特徴の1つです。

ある一定期間以上を海外で生活するとなると、様々な季節を経験することとなり日本とは異なる気候に適応する必要が出てきます。

そこで、日本人がカナダワーホリで滞在する主要都市を中心に、カナダの気候についてご紹介していきたいと思います。

バンクーバー

バンクーバーの気候は1年を通して、日本の東京や大阪とほとんど変わらないと言えます。

むしろ、実際に生活してみた感想としてはバンクーバーの方が生活に適しているとさえ思います。

特に夏に関しては、サマータイム(日の出ている時間を有効に活用するために時計を1時間前倒しする制度のこと)の導入により朝は5時前後から夜は9時前後まで明るく、ほとんど毎日快晴が続くため非常に過ごしやすい気候と言えます。

冬に関しても気温が0度前後まで落ちますが、体感としては日本とそれほど変わらないか日本の方が寒いとさえ感じます。

おそらく日本(特に東京・大阪)はビルの隙間風が強く体感気温が下がる傾向にあるためと考えられます。

1つ注意してもらいたいのは、バンクーバーは冬の時期非常に雨が多いことで有名です。

日本のように傘を常備するような強い雨というよりも霧雨のような日が多いのですが、太陽の光を浴びることが少なくなってしまいます。

気候が体調に与える影響は予想以上に大きいので、ビタミンDのサプリメントを摂取してみるなど事前に準備しておくことが大事ですね。

トロント

トロントへの渡航を考えている方が、最も意識しておくべき点はなんと言っても冬の寒さにあります。

平均最低気温が-15℃にも達し雪の量も日本の比ではありません。

しかし、バンクーバーと同じく体感では-15℃以下と感じるほど寒くは感じないのが実情のようです。

また家の中に関しては、日本よりも遥かに防寒設備がしっかりとしているためそれほど寒さを感じることは無いようです。

ただ一点、実際にカナダで生活した経験からベースメント(地下)の部屋に住む際はしっかりと暖房が効くのかを入居前にチェックしておいた方が良いと思います。

カナダのシェアハウス生活では、半地下や地下などの部屋が格安で貸し出されていることもあり、多くのワーホリや留学生の方が生活しています。

しかし、思ったよりも地上と地下では寒暖差が激しいため、入居後に後悔しないためにも事前確認を怠らないようにしましょう。

ワーホリ中にアメリカ旅行は?カナダから近い人気都市を比較

カナダをワーホリ先として選択する方の中には、アメリカが近いからという理由で選ぶ方も多いと思います。

日本からアメリカに旅行で行くとなる航空券は高いし、アメリカ留学となるとびっくりするような金額が必要になります。

そこでカナダを選択するのは賢い選択だと実際にカナダに住んでみて思います。

実際に僕がカナダからアメリカへの旅行を経験した体験談をまじえながらご紹介していきたいと思います。

ロサンゼルス・シアトルへはバンクーバーが近い!

まず、僕がカナダのワーホリで長期滞在したバンクーバーですが、ロサンゼルスとシアトルへのアクセスが非常に良いのがメリットとなります。

特にシアトルに関してですが、バスを利用することで往復で3,000円以下で旅行することも出来ちゃうんです。(※時期によりバス利用料は異なります)

有名どころとしてはBoltBusが格安でシアトル旅行が出来ることで有名ですね。

シアトルなら日帰りでも余裕で行けちゃうのがバンクーバーです。

アメリカ(バンクーバーもですが…)はホテル代がものすごく高いんです。

日帰りで旅行が出来るというのは旅費を節約する上でも大きなメリットとなります。

また、ロサンゼルスへもバンクーバーからなら飛行機で片道1万円程度で旅行することが可能です。

カリフォルニア・ディズニーランドや本場のユニバーサルスタジオ、ビバリーヒルズやハリウッドなど観光地もたくさんあるのでバンクーバーに来た際にはぜひ旅行に行ってみてください。

やっぱりアメリカと言えばニューヨーク!トロントからならすぐそこ!?

アメリカ旅行と言えば、ニューヨークですよね。

トロントをワーホリ先として選ぶ方の中でも頻繁に耳にするのが、ニューヨークが近いから!

ワーホリ生活を送る上で重要なことは、いかに節約しながら海外生活を楽しめるかです。

バンクーバーからバスでシアトルに行けるように、トロントからもバスでニューヨークへ行くことが可能です。

ニューヨークがこんなに身近に感じられる点では、やはりトロントは非常に魅力的な都市であると言えます。

しかし、バンクーバーからも実は航空券の値段だけで見れば往復で3万円程度でニューヨークに行くことが出来ちゃいます。

もちろん距離は遠い上に時差もあるのでトロント在住者のように弾丸旅行を行うのは難しいですが、十分に格安旅行の範疇で楽しめるはずです。

さいごに

本記事では、カナダのワーホリを考えている方向けにカナダワーホリ人気の2都市、バンクーバーとトロントの特徴をご紹介してきました。

僕はバンクーバーを選択して、約1年間滞在してみましたがバンクーバーを選んで良かったと思っています。

アメリカ旅行にも何度か行くことができましたし、バンクーバーでの生活もすごく楽しいものとなりました(特に夏がおすすめです)。

バンクーバーでの生活は気候が日本に似ていることやアジア人が多いことで、海外生活初心者の方でも快適な生活が送れるはずです。

自分が住んだ場所ということで偏った意見ですが、バンクーバーはこれからカナダワーホリを考えている方には自信を持っておすすめできる都市であることだけは約束できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました