スポンサーリンク

自社開発企業に未経験からの転職は可能なの?求められるスキルを把握しよう!

業界未経験からでも自社開発企業に就職することって可能なのかな?

客先常駐は評判悪いし、出来れば自社オリジナルのシステムを開発したいなぁ。

こんにちはJun(@JunNomad)です。

IT業界は未経験からでも比較的就職しやすいということで、多くの求職者の方が興味を持っている分野でもあります。

そこで少し調べてみると、自社開発を勧める情報がたくさん挙がっていることに気づくかと思います。

本記事では、IT業界への転職を検討している未経験者の方向けに、人気の高い自社開発企業に業界未経験でも転職することが可能なのかについてご紹介していきたいと思います。

自社開発企業に未経験からの転職は可能なの?


自社開発企業に未経験からの転職は可能なの?という質問の答えは「可能」です。

ただし、自社開発企業は需要が高く、未経験者からの転職が厳しいことは事実です。

転職例は意外と多い

自社開発企業は人気が高いとは言っても、IT業界では人手不足と成長産業であることが要因となり、多くの企業が十分にエンジニアを確保出来ていない状況です。

インターネットやSNSで検索してみても、いくつも未経験から自社開発企業に転職出来たというような情報を見つけることが可能です。

ただ、大手の自社開発企業に未経験者が転職出来る可能性は、ほとんどないと考えた方が良いでしょう。

未経験の意味は業界未経験

良くある勘違いとして、未経験者の意味を本当にプログラミングを触ったことがない未経験と考えている方がいます。

基本的に求人として出される「未経験者歓迎」の意味合いは、業界未経験であってもプログラミングスキルがあれば問題ないということになります。

プログラミング自体が未経験の方は、まずプログラミングスキルを身につけることが先決です。

未経験からの自社開発企業への転職は難しい


実際に未経験から自社開発企業への転職例は意外と多いと上述しましたが、転職が難しいことには変わりありません。

下記2つが一般的な理由として挙げられるでしょう。

自社開発企業の絶対数が少ない

まず自社開発企業の数自体が、受託開発企業に比べて絶対的に少ないのが実情です。

そのため、求人数自体も明らかに少なくなってしまいます。

また、IT業界では多重下請け構造が蔓延しているため、受託開発企業であれば未経験者でも積極的に雇って客先に派遣することで利益を出すような企業も存在しますが、自社開発企業の場合には、ある程度のスキルが要求されるケースがほぼ100%と考えて問題ないでしょう。

経験者からも人気で倍率が高い

自社開発企業は絶対数が少ない上に、実務経験者からも人気のため、求人倍率が非常に高くなる傾向にあります。

求人倍率が高いということは、ライバルとなる求職者にスキルの高い人物が多くなるため、自分を雇うメリットをしっかりとアピール出来ないと転職は難しいと言えます。

自社開発企業に未経験者が転職するためのポイント


では自社開発企業に転職を希望する業界未経験者が、転職対策としてはどういったことを意識するべきかのポイントについても解説していきたいと思います。

スキルを証明する

まず業界未経験者ということで、企業側は職務経歴からご自身のスキルを判定することが出来ないため、スキルを証明する何かを用意しておくことは必須となります。

ポートフォリオサイトを用意して企業に確認してもらう方法が一般的でしょう。

ポートフォリオサイトを用意出来ない場合でも、作成したアプリやWebページを実際に確認してもらえればポートフォリオとしては十分意味があります。

プログラミング以外のスキルがあると有利

自社開発企業の場合は特に、プログラミングスキル以外の得意分野があると企業にアピールしやすくなります。

前職に絡めるかたが多いですが、例えば会計知識がある方やデザインの知識があるなど、プログラミングだけでなく他分野のスキルと掛け合わせることが出来ると未経験者でも転職出来る可能性が大きく上がります。

受託開発企業の場合には、指定されたシステムを作成することが業務となるため、プログラミング技術が最優先となりますが、自社開発企業の場合には、様々なアイデアや役割が必要となるため、プログラミング×何かのスキルがあると大きなメリットです。

未経験者から自社開発企業への転職ルート


では実際に未経験者から自社開発企業へ転職する場合、どういったルートが一般的なのかについてご紹介していきたいと思います。

エージェント経由

まず未経験者であれば、IT業界に特化したエージェントに登録して案件を紹介してもらう方法が最も一般的です。

IT業界専門の大手エージェントサイトにはレバテックキャリアなどが挙げられます。

いきなり自社開発企業に転職出来ればベストですが、いったん受託開発企業を紹介してもらい一定期間実務経歴を積んで、自社開発企業に再転職する方法も検討しておきましょう。

プログラミングスクールからの紹介

プログラミングスクールからも自社開発企業への転職を斡旋しているスクールがいくつかあります。

多くが客先常駐企業への転職となるため、見分ける必要がありますが、スキルをしっかりと身につければ自社開発企業への転職も実現可能です。

一部例を挙げると、【ポテパンキャンプ】は卒業生のほぼ100%が自社開発企業へ転職しているプログラミングスクールです。

ポテパンキャンプの選考がなくなった今がチャンス!キャッシュバックでプログラミングスクールが実質無料!
ITエンジニアとして就職したいんだけど完全未経験の僕が確実に就職するためにはどうしたら良いのかな? こんにちはJun(@JunNomad)です。 IT業界の将来性から未経験の方が、エンジニアを...

テックキャンプに関しても、転職保証制度がついて自社開発企業に5~6割程度の卒業生が転職しているそうです。

テックキャンプとは?オンラインのみで受講可能な転職保障付きプログラミングスクール!
プログラミングスクールを検討してるけどオンラインのみで受講出来るところが良いんだよなぁ。 こんにちはJun(@JunNomad)です。 プログラミングスクールを検討しているけど、通学する時間はない...

さいごに:未経験でも自社開発企業への転職は可能!


本記事では、未経験者でも自社開発企業への転職が可能なのかについて、業界の動向と転職する際に抑えておきたいポイントをご紹介してきました。

結論として、未経験でも自社開発企業への転職は可能です。

ただし、企業が採用したいと思えるスキルは必須となりますので、しっかりとご自身をアピールするスキルと方法を身につけた上で、転職活動に取り組んでみてください。

IT
スポンサーリンク
jun666をフォローする
スポンサーリンク
海外フリーランス Jun's blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました