スポンサーリンク

客先常駐(SIer)の企業一覧を確認しよう!企業ポジションは転職前にチェック必須!

客先常駐企業からでもIT業界へ転職しようと思う!

どんな企業があるか分からないし、とりあえず採用してくれそうなところで良いかな?

こんにちはJun(@JunNomad)です。

IT業界未経験の方で、客先常駐企業ならば未経験者でも採用してくれるからと転職を考えている方も多いですよね。

一方で、あまり企業も知らないし、とりあえず年収だけで転職先企業を決めてしまうと、多重下請け構造の下っ端としての仕事しか受けられない可能性も高まるため注意が必要です。

そこで本記事では、客先常駐の企業一覧を紹介しながら、どういった企業がどんなポジションの役割を担っているのかについてご紹介していきたいと思います。

客先常駐企業一覧(SIer)から働き方と業界構造を把握しよう


まずは客先常駐企業の企業一覧から働き方と業界構造について確認していきたいと思います。

クライアント企業または一次請け企業がほとんどが客先常駐

IT業界(SIer)では基本的に、発注元の企業またはユーザーから受託した企業の開発作業場に、下請け企業のエンジニアが集められて作業をすることがほとんどです。

つまり、ユーザー企業もしくは一次請けの企業に転職しない限りは、自社で働くことはほとんどないと言えます。

一次請け企業でも客先常駐になることも少なくない

また、例え一次請け企業に転職したとしても、発注元のユーザー企業に常駐して作業をすることになるケースも少なくありません。

セキュリティ面が理由として挙げられることが多く、社外秘情報などを管理するためにも、エンジニアに自社へ常駐してもらった方がユーザー企業にとってはリスクを下げられることが要因です。

客先常駐(SIer)でも国内最大手の企業一覧


客先常駐(SIer)の一次請け企業で、国内最大手の企業となると数えられるほどしか存在しません。

しかし業界の構造上、大規模な案件ほどこれらの企業にまずは依頼され、そこから下請け企業に仕事が振られていくことが慣例となっています。

国や地方自治体の案件、銀行の案件などはこういった国内最大手のSIerに依頼されることがほとんどです。

企業一部抜粋

国内最大手のSIerで企業名を挙げると、NTTデータ・日本マイクロソフト・日本オラクル・日立製作所などが挙げられます。

みなさん一度は名前を聞いたことのあるような有名企業ばかりです。

担当業務

上述したような企業の場合、ほとんど開発自体に関わることはありません。

一般的には、発注元企業との折衝業務や、プロジェクトのマネジメント業務が中心となります。

転職するには?

国内最大手のSIer企業に転職しようと思うと、かなり難しいのが実情です。

採用活動は新卒を中心としており、中途採用がそれほど多いとは言えません。

中途採用の可能性があるとすれば、ヘッドハンティングもしくは転職エージェントの大手(レバテックキャリアなど)に登録しておき、募集が掛かった場合にはすぐに応募する必要があるでしょう。
※求められるスキルはかなり高度なものになることは覚悟しておきましょう。

客先常駐(SIer)の大手企業一覧


大手SIer企業では、受注案件のほとんどが一次請けで、少なくとも二次請けくらいまでの案件しか請けない企業を指します。

大手企業からの案件を中心に受注し、二次請け案件としては、上述した国内最大手のSIer企業が受注した案件の下請けとして稼働するケースがほとんどです。

企業一部抜粋

企業例としては、富士通グループ・NEC・日本IBM・NTTコミュニケーションズなどが挙げられます。

※国内最大手としてご紹介した企業と同等レベルで扱われることも多く、あくまで参考例として企業名は掲載しております。

担当業務

大手SIer企業では顧客折衝やプロジェクト管理に加えて、実際に上流工程(基本設計・詳細設計)などに関わることも増えてきます。

一方で、実際の開発工程は下請け企業に依頼することがほとんどですので、詳細設計以前の工程がメインと考えておくと良いでしょう。

転職するには?

大手SIer企業に転職するには、大手エージェントサイト(レバテックキャリアなど)に登録しておくのが一番確率の高い方法かと思います。

Webサイトの求人情報などにも掲載されることがありますが、メインの採用方法としては大手エージェントを活用している傾向にあります。

エージェントを利用する際の注意として、こういった企業は基本的に大手エージェントと提携していることが多いため、条件の良いエージェントを選ぶよりも、大手に登録しておいた方が確率は上がります。

客先常駐(SIer)の企業一覧はエージェントサイトから確認しよう


大手SIerから受注する下請け企業の数はあまりにも多いため名前を挙げているとキリがありません。

エージェントサイトでは、求人情報を事前に確認出来るサイトも多いため、一度アクセスしてみてください。

企業一部抜粋

今回は大手エージェントサイト「レバテックキャリア」から一部企業を抜粋してみたいと思います。

例えばレバテックキャリアの場合、絞り込み条件としてSIerという項目を選択可能です。

東京のSIer企業を検索すると「438件」ヒットしました。

画像のような企業がSIerとして、客先常駐案件を担当する企業ですね。

企業のポジションは取引先から判断する

まずは募集されているポジションを確認することが大切です。

上述した例では、プロジェクトマネージャーのポジションが募集されていますので、一次請けまたは二次請け案件である可能性が高まります。

また企業自体のポジションを確認するためには、取引先企業から判断することも可能です。

取引先企業に開発会社が多い場合は、下請け企業である可能性が高く、ユーザー企業が多い場合には一次請け企業である可能性が高まります。

転職するには?

客先常駐をメインとするSIerへの転職は、転職エージェントまたはWebサイトの求人に応募する方法が一般的です。

何度も掲載していますがIT系の大手エージェントであれば「レバテックキャリア」がおすすめです。

またWebサイトの場合、「Green」などがIT業界の求人情報を多数掲載しています。

さいごに:客先常駐(SIer)企業一覧からご自身の目標に合った働き方を探してみよう


本記事では、客先常駐(SIer)について、企業一覧からどういった企業がどういったポジションの役割を担っているのかについてご紹介してきました。

転職においては、年収も大切な要素ですが、企業がどういったポジションを担当しているのかによって、入社後に身に付けられるスキルが大きく変わります。

ご自身の目標を再度確認した上で、キャリアプランに沿った適切な企業を選択することをおすすめします。

IT
スポンサーリンク
jun666をフォローする
スポンサーリンク
海外フリーランス Jun's blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました