スポンサーリンク

【2020年】カナダワーホリが実質不可状態?!ジョブオファーが必須要件に追加!

カナダへのワーホリを計画していたんだけどコロナの影響でどうなるんだろう。。。

こんにちはJun(@JunNomad)です。

カナダへのワーホリを計画している方には知っておいて頂きたい情報が飛び込んできましたのでシェアしたいと思います。

2020年カナダワーホリでの入国にジョブオファーが必須要件に!


カナダ政府は5/8付けで入国に際し、ジョブオファーを必須要件に追加することを発表しました。

ワーホリビザ情報はこちら(英語サイト) >>

要約

これまでワーホリビザは日本国内(もしくは他国)でビザを取得し、カナダに入国することで1年間のワークパーミット(労働許可)を得ることが出来ていました。

仕事については、カナダ国内に入国してから探す方法が一般的です。

しかし、今回の発表でワーホリビザの取得 + ジョブオファー(日本でいう内定)が追加で必要となりました。(現状無期限措置とのこと)
※規制解除は別途アナウンスがあったタイミング

ジョブオファーがないとワーホリビザを有効にして入国が出来ないということです。

ワーホリが実質不可状態に

上述したようにワーホリで入国する人のほとんどが現地での職が決まっていない状態でカナダに入国していました。

しかし今後ワークパーミットが必須となったことにより、日本国内で現地での職を決めた人しか入国出来ないことになっています。

ワーホリで入国した人の一般的な働き口として、レストランをはじめとした接客業が中心となっており、事前のワークパーミットは出ないと思った方が良いでしょう。

2020年カナダのワーホリビザを既に持ってるんだけどどうなるの?


現状(2020年5月時点)ではカナダ自体への入国が実質禁止されているため、もちろん入国することは出来ません。

規制が緩和された後も、上述した規制が実施されている限りワーホリビザで入国することは実質不可となるでしょう。

ワーホリビザの有効期限はどうなるの?

ワーホリビザの有効期限に関しては、同様にカナダ大使館から発表される最新情報を確認するようにしてください。

エージェントを利用している方は、エージェントに確認するのも1つの方法です。

エージェント無しで渡航を予定していた方も、無料エージェントはいくつかありますので問い合わせてみるとアドバイスをもらえるかも知れません。(エージェントによると思いますのでリンクなどの掲載は控えさせて頂きます。)
※エージェントの仕組みとして、利用者を語学学校に紹介することで利益を得ていることが多いため、エージェントを経由しない方はどうしても自分では分からない場合にのみ問い合わせるのがベターかと思います。

2020年カナダワーホリに関する今後の予想


ここからはカナダワーホリに関する個人的な今後の予想です。

規制緩和される順番としてワークパーミット保持者→学生ビザ+ワーホリ→観光客の順番で入国が許可されるのではと個人的には考えています。

2020年ワーホリはどうなる

正直2020年内の渡航は厳しいかなと思うのが本音です。

現在申請を迷っていた方は2021年以降に延期するのが現実的でしょう。

実際既に仕事を辞めて準備を進めていた方もいらっしゃると思います。

現状はカナダ大使館からの発表を待ちながら、日本国内で出来ることを進めておきましょう。

ギリホリの方

僕自身もカナダワーホリにギリホリとして渡航しました。

今年30歳の方は特にラストチャンスなので、諦めきれない方もいらっしゃると思います。

現状ワーホリビザの申請を受け付けているのであれば、ギリホリの方は申請してしまって良いと思います。

ビザの取得前の人に特別な処置がされる可能性はほとんどありませんが、ビザ取得済みの方にはなんらかの措置が実施される可能性も少なからず存在します。

カナダは自国民はもちろん移民のことも考えてくれている良い国です。

自分で勝手に諦めずに出来る限りのことは、日本国内で準備しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました