スポンサーリンク

【SafetyWing】海外旅行保険(デジタルノマド)のおすすめはこれだ!【コロナ対応】

海外で3ヶ月以上滞在しようと思うとクレジットカードの保険だけじゃカバーし切れないんだよなぁ。。。

こんにちはJun(@JunNomad)です。

海外旅行保険は、クレジットカードに付帯する保険でカバーしている方も多いと思いますが、3ヶ月以上の滞在となると基本的に別途海外保険に加入する必要があります。

本記事では、数ある海外保険の中でもデジタルノマドをメインターゲットとした、格安で利用可能な「SafetyWing」についてご紹介していきたいと思います。

2020年現在、コロナの影響で海外旅行が難しい状況ですが、日本に帰国出来ず、海外旅行保険が切れてしまったいる方もいらっしゃるかと思います。
SafetyWingなら、国外からでも申し込みが可能ですので、ぜひご検討ください。

海外旅行保険(ノマド)のおすすめ SafetyWingとは


SafetyWingは、デジタルノマドのための医療保険を提供することを目的として作られたスタートアップ企業で、資金調達では350万ドル(およそ3億5千万円)を集めたことで注目を集めました。

SafetyWingの公式ページはこちら>>

サービス概要

SafetyWingでは、デジタルノマドの規模拡大に保険業界の対応が追いついていないことに着目し、国境を超えて働く方達にも旅行保険・医療保険・社会保障を提供する仕組みを作ろうとサービスが開始されました。

利用者の多くが、20代・30代であることから(医療受診する機会が少ないため)格安の費用でも採算を取ることが出来ているそうです。

自国でも使える特別制度

海外ノマドなどで自国に拠点を構えない人は、海外旅行保険には気を遣っていても自国に一時帰国した際に保険が無くて困るケースが意外と多いんですよね。

SafetyWingでは、3ヶ月毎に一時帰国の際にも保険が適用される特別制度が提供されています。

一般的な海外旅行の用途ではなく、デジタルノマドをメインのターゲットとしているため、痒いところに手が届く、よく考えられたシステムとなっています。

気になるSafetyWingの料金とは


気になるSafetyWingの料金は2種類に分かれます。

アメリカを含まない場合の料金は「$40/4week」です。

アメリカを含む場合「$73/4week」となります。
※アメリカは医療費が高額なため

自動更新制度を採用

海外旅行保険のほとんどが、最初に何ヶ月といった期間を決めて、契約を結ぶことになります。

そのため、更新を忘れていたり、反対に余裕を持って申し込みをするため、無駄な費用が掛かったりといったケースが少なくありません。

一方で、SafetyWingでは4週間毎に登録したクレジットカードからの自動引き落とし制度が導入されており、長期間海外滞在する方には非常に有益な制度となっています。

SafetyWing以外の注目海外旅行保険


SafetyWing以外にも海外現地から加入可能な保険はいくつか存在します。

2020年現在コロナの影響もあり、現地からの加入が出来ない保険も存在しますが、下記の記事で海外旅行保険についての解説をしていますので、興味のある方はご確認ください。

【コロナの影響!?】海外旅行保険に現地で入れたグローブパートナーが出発前限定に!
海外旅行の日程が長引いちゃって現地で保険に入りたいんだけどどのサービスを選んだら良いんだろ? こんにちはJun(@JunNomad)です。 海外旅行に行く際、通常であれば出国前に海外旅行保険の手続...

さいごに:海外旅行保険には取り敢えず入っておくべき!デジタルノマドが選ぶならSafetyWing一択!


本記事では、海外旅行保険に現地から加入可能な「SafetyWing」についてご紹介してきました。

現状デジタルノマドのように、会社からの保険提供無しで、海外を拠点として活動している方には最適の保険じゃないかと感じています。

現地から加入出来る保険を探している方や保険に加入していないような方は、格安で申し込み可能ですので、一度検討してみることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました