スポンサーリンク

本気でWebエンジニアを目指すならRUNTEQ(ランテック)を検討してみよう!【プログラミングスクール】

プログラミングスクールの期間ってどこも3ヶ月程度しかないけど本当にそんな短い期間でWebエンジニアになれるのかな?

こんにちはJun(@JunNomad)です。

プログラミングスクールの期間って大体3ヶ月程度のところが多くて、初心者の方には本当にそんな短い期間で実務でも困らないほどのスキルを身に付けられるのか不安になりますよね。

本記事では、学習期間がたっぷり確保された上で受講料の安いプログラミングスクール「RUNTEQ(ランテック)」についてご紹介していきたいと思います。

RUNTEQ(ランテック)とは


RUNTEQ(ランテック)は、Ruby on Railsに特化したWebサービス開発経験豊富な「株式会社スタートアップテクノロジー」が運営するプログラミングスクールです。

完全オンライン形式のスクールでありながら、企業が求める実務レベルのスキルが身につくようなカリキュラムが組まれています。

RUNTEQ(ランテック)のサービス概要

RUNTEQ(ランテック)では、完全オンライン学習サービスのため、全国どこからでも受講いただくことが可能です。

実務に限りなく近い課題を通して自走力を身に付け、現場が必要とするレベルまでスキルアップを目指します。

Ruby on Railsをメインとした合計5つのコースが用意されており、ご自身が学びたい分野に絞って学習することも可能です。

無料相談もオンラインで実施していますので、不明な点があれば気軽に相談してみてください。

RUNTEQ(ランテック)の無料相談はこちらから >>

RUNTEQ(ランテック)の特徴


RUNTEQ(ランテック)では、実際にWebサービス開発会社が運営しているプログラミングスクールということで、現場で利用されるスキルを効率良く学べる特徴的なプログラミングスクールです。

現場のノウハウを詰め込んだ学習カリキュラム

RUNTEQ(ランテック)では、実際に開発現場で使われている技術を学ぶことで、スクール卒業後にエンジニアとして自信を持って働けるだけのスキルを身に付けます。

各コースごとに実際のアプリ開発に挑戦しながら、プログラミング技術を学んでいくカリキュラムとなっています。

GitHubのアカウントが必要にはなりますが、お試し学習カリキュラム(無料)も提供されていますので、興味のある方は一度挑戦してみてください。

RUNTEQ(ランテック)の公式ページはこちらから >>

現場の開発手法を意識した学習フロー

開発現場では、チーム開発がメインとなり、プルリクエストやコードレビューといった作業が必須です。

一方で、多くのプログラミングスクールでは、プログラミング言語の学習に特化しており、こういった実務では確実に利用する周辺知識を学べないといった問題が頻繁に起っています。

RUNTEQ(ランテック)では、あらかじめ学習方式に組み込んでおくことでスクールの課題をこなしていけば、自動的に実務でも利用する周辺知識が身につくカリキュラムが提供されています。

現役エンジニアの学習サポート

RUNTEQ(ランテック)では、現役エンジニアが受講生の学習サポートを実施しています。

自分一人では解決出来ない問題はもちろん、より良い実装方法を現役エンジニアから学ぶことも可能です。

月に2回のオンライン面談も実施しており、将来的なキャリアからプログラミング学習方法まで現役エンジニアに直接質問して悩みを解決してください。

RUNTEQ(ランテック)のコースカリキュラム


RUNTEQ(ランテック)で提供されているコースは下記の5つとなります。

  • Web教養コース
  • Vue.jsコース
  • Railsエンジニアコース
  • Railsマスターコース
  • Webマスターコース

順番に学習カリキュラムについて確認していきましょう。

Web教養コース

プログラミング完全初心者からWebサービスの仕組みを教養として身に付け、キャリアアップを目指したい方向けのコースとなります。

HTML, CSS, Javascriptの基本的な内容からRuby, Railsを活用したWebサービス作成について学びます。

学習時間は200時間を想定しており、受講期間の目安は1~3ヶ月間です。

Vue.jsコース

モダンなフロントエンド開発のスキルを身に付けたい方向けに、Vue.jsが学べるコースです。

Vue.jsの基本的な文法から始まり、最終的にはRuby on Railsとの連携で簡単なCRUDアプリの作成まで学ぶことが出来ます。

学習時間は150時間を想定しており、受講期間の目安は1~2ヶ月間です。

Railsエンジニアコース

Ruby on Railsを使用した自社サービス開発系の企業にWebエンジニアとして転職したい方向けのコースです。

実務を想定したカリキュラムをこなしながらRuby on RailsでのWebサービス開発を学ぶことが出来ます。

学習時間は600時間を想定しており、受講期間の目安は3~6ヶ月間です。

こちらのコースはRailsの基礎知識がある方向けのカリキュラムとなっているため、Rails未経験の方は後述する「Railsマスターコース」を検討してみてください。

Railsマスターコース

Railsマスターコースは、Railsを触ったことがない方向けにRailsチュートリアルをRailsエンジニアコースにプラスした内容です。

学習時間は700時間を想定しており、受講期間の目安は4~8ヶ月間です。

HTML, CSS, Javascriptといったフロントエンドの基本知識がある方向けのコースとなっています。

全くの初心者の方は後述するWebマスターコースを検討してみてください。

Webマスターコース

プログラミング完全初心者から自社サービス開発系の企業にWebエンジニアとして転職したい方向けのコースです。

上述した全てのコースの内容を一貫して学べるコース内容となっています。

学習時間は900時間を想定しており、受講期間の目安は5~9ヶ月間です。

一番最長となるWebマスターコースでも料金は398,000円(税別)と設定されており、他のプログラミングスクールに比べるとかなり安い金額で受講することが可能です。

RUNTEQ(ランテック)の無料説明会はこちらから >>

RUNTEQ(ランテック)の就職サポート


RUNTEQ(ランテック)の就職サポートでは、リアルを追求したボリュームのある就職サポートが用意されています。

キャリアアドバイザーのキャリア棚卸し

就職面談で頻繁に聞かれる質問を、キャリアアドバイザーが一人ひとりのキャリアに沿ってサポートしています。

面談では、ある程度質問される内容が決まっており、どれだけ事前準備が出来るかで内定獲得の確率が大きく変わってきます。

ポートフォリオのアイデア・設計レビュー

ポートフォリオを作成する上で、企業が評価するポイントとして、技術力とサービス志向性の2つの要素が重要となります。

より万全な状態で就職面談に望んでもらうため、希望者は現役エンジニアによる企画レビューと設計レビューを依頼することが可能です。

書類の添削と模擬面接

RUNTEQ(ランテック)では、現役の採用担当者による書類の添削と模擬面接を受講可能です。

企業が応募者を採用するかどうか判断する具体的なポイントのアドバイスをもらうことで、事前準備をしっかりと行い、ご自身の魅力を最大限就職面談時にアピール出来るようになります。

RUNTEQ(ランテック)の無料説明会申し込み方法


RUNTEQ(ランテック)の無料説明会へはWebサイトから簡単に申し込みが可能です。

まず下記のURLへアクセスします。
RUNTEQ(ランテック)


トップ画面の「説明会はこちら」ボタンをクリックします。


名前とメールアドレスを入力し、「登録する」ボタンをクリックします。


「日程を選択する」ボタンをクリックすると、別タブが開きます。


「コメントを確認しました」ボタンをクリックし、「日程選択へ」ボタンをクリックします。


都合の良い日程を選択し、「確認画面へ」ボタンをクリックします。


「確定する」ボタンをクリックすれば完了です。

入力したメールアドレス宛に、オンライン説明会用のURLを掲載した案内メールが届きますので、忘れずに確認しておきましょう。

RUNTEQ(ランテック)の無料説明会はこちらから >>

コメント

タイトルとURLをコピーしました