スポンサーリンク

未経験から最短でエンジニア(プログラマー)になるためには?サービスを活用すれば余裕で転職可能!

未経験からでもエンジニア(プログラマー)になることって可能なのかな?

こんにちはJun(@JunNomad)です。

未経験からでもエンジニア(プログラマー)になりたいと思って、プログラミングの勉強を始めている人は増えてきています。

でも良くも悪くもエンジニア(プログラマー)としてのスキルを伸ばしたいなら転職しちゃうのが一番早いんですよね。

本記事では、未経験から最短でエンジニア(プログラマー)になるためになるための方法を、ぶっちゃけたアプローチでご紹介していきたいと思います。

未経験から最短でエンジニア(プログラマー)になるならSES企業への応募


未経験から最短でエンジニア(プログラマー)になるならSES企業へいきなり応募してしまうのが早いです。

この時必要になるのは「若さ」「面接を突破出来る知識」のいずれかだけです。

SES企業なら何もスキルがなくても転職出来てしまう

SES企業の収益化の仕組みは、常駐先企業にエンジニア(プログラマー)を派遣することで得るマージン(手数料)です。

つまり常駐先企業が迎えてくれるだけの知識があれば、実際のプログラミングスキルなんて関係ないのが実際のところです。

特に若手の方であれば、SES企業自体が常駐先企業の面接を突破するだけの知識を得られるように研修制度を設けているところもあります。

ですので、極論プログラミングに対してなんの知識もない状態でも採用される可能性があるのがSESと呼ばれる企業です。

SES企業をITエージェント経由で探す

SES企業を探す方法としては、真っ先に思い浮かぶのがITエージェント経由での応募方法となります。

しかし、実はITエージェント経由で未経験からエンジニア(プログラマー)になるのは意外と難しいんです。

理由としては、ITエージェント経由の場合、SES企業が仲介手数料として決して安くない報酬を支払う必要が生じるためです。

一方、未経験を積極的に採用している企業も存在するため、コンサルタントに相談してみるのも1つの方法です。

ITエージェントの有名どころは下記のようなサイトが挙げられます。

SES企業を求人サイト経由で探す

未経験採用を積極的に行っているSES企業を効率的に探すなら、求人サイト経由で探すのが最も効率的と言えます。

求人サイト経由の場合、SES企業が求人に負担する費用が少なくなるため、利益率の低い未経験者を採用している企業も比較的多く求人掲載しています。

求人サイトの有名どころでは下記のようなサイトが挙げられます。

未経験から確実にエンジニア(プログラマー)になるならプログラミングスクールを活用


未経験から確実にエンジニア(プログラマー)になるなら転職保証付きのプログラミングスクールも有効です。

最初は受講料が掛かってしまいますが、IT業界に転職してしまえば十分に元を取ることは可能です。

なかなか就職先が見つからない、いきなりSES企業に応募するのはちょっとという方は検討してみるのも良いのではないでしょうか?

転職保証付のプログラミングスクール

転職保証付のプログラミングスクールでは、下記のようなサイトが有名です。

無料で受講可能なプログラミングスクール

プログラミングスクールの中には無料で受講可能なスクールも存在します。

未経験からエンジニア(プログラマー)になりたいなら必要なのは面談を突破出来る最低限の知識だけ


今回ご紹介している未経験からエンジニア(プログラマー)になる方法は、はっきり言って正攻法とは言えないかも知れません。

しかし実際にスキルと実績を効率的に身につけたいのであれば、圧倒的におすすめな方法でもあります。

IT業界の構造を上手く使うことは悪いことではない

日本のIT業界は多重下請け構造により、プログラマーが不遇というのは良く聞く話だと思います。

一方で今回ご紹介しているように、上手く使えば未経験からでもエンジニア(プログラマー)として働くことが出来るチャンスとも言えます。

海外では、まず大学やカレッジなどでプログラミングの技術を学んでいないとエンジニア(プログラマー)として就職することはほぼ不可能と言えます。

しかし、日本では良くか悪くかこういった独自の構造が形成されているため、上手く利用すれば未経験からでも効率的にプログラミングスキルを学ぶことが可能となっています。

さいごに:未経験からエンジニア(プログラマー)になれば最初はどんな方法でもツライ


本記事では、未経験から最短でエンジニア(プログラマー)になる方法についてご紹介してきました。

未経験の方がどれだけ独学でプログラミングを勉強していても、実際にエンジニア(プログラマー)になれば実務との違いに最初は大変な思いを誰しもが経験することになります。

十分なプログラミング知識を身につけるために長い期間を掛けて独学するのも良いですが、今回ご紹介したような方法でも効率的に未経験からエンジニア(プログラマー)になれることを知った上で、ご自身の方法を見つけてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました