スポンサーリンク

海外移住のおすすめと住みたい国ランキングの情報はリンクしない?!実際に行って確かめよう

日本での生活に疲れてきたし海外移住してみたいなぁ。

住みたい国ランキング見てたら良さそうなところがいっぱい!

こんにちはJun(@JunNomad)です。

最近フリーランスなどの働き方も一般的になり、世界的なパンデミックでの外出自粛要請によりリモートワークが急速に広まってきた感じがあります。

リモートワークで働くなら場所を選ばないわけですから、海外移住を検討する方も増えているように感じます。

また日本での生活を窮屈に感じている方が多いのも、海外移住を検討する人が増えている要因でしょう。

僕自身現在、タイのチェンマイに住んでいるわけですが、複数の国を渡航してきて、住みたい国ランキングと実際に海外移住におすすめの国は全く異なるなという印象を受けました。

本記事では、海外移住におすすめの国と住みたい国ランキングは必ずしもリンクしないということを僕なりの解釈からご紹介していきたいと思います。

海外移住のおすすめ国と住みたい国ランキング


まずイギリス金融大手のHSBCが毎年行っている住みたい国ランキングと、個人的に思う日本人におすすめの国トップ5をご紹介していきたいと思います。

HSBCが発表した2019年住みたい国ランキングトップ5

まずHSBCが発表した2019年の住みたい国ランキングトップ5は下記の通りです。

  1. スイス
  2. シンガポール
  3. カナダ
  4. スペイン
  5. ニュージーランド

この中で日本より物価が安い国はありません。

スペインが暮らし方によっては若干安くなるかも?!程度で、ほぼ全ての国が日本と同じ水準の暮らしをしようと思うと、日本に居る時よりも多くの費用が必要となります。

個人的におすすめの海外移住国ランキングトップ5

続いて個人的におすすめの海外移住国ランキングトップ5は下記の通りです。

  1. タイ
  2. マレーシア
  3. 台湾
  4. ベトナム
  5. フィリピン

やはり日本より物価が安い国の方が、贅沢な暮らしが出来る分、快適度も上がるように感じます。

カナダも海外移住にはビザの難易度的にもおすすめではありますが、やはり日本と同じ水準で暮らそうと思うと1.5倍以上は費用が掛かると思った方が良いでしょう。

お金を気にせず住むことが出来るなら個人的トップ5

ちなみに僕がこれまで渡航したことのある国(日本・アメリカ・カナダ・韓国・フィリピン・タイ・ベトナム・台湾・インドネシア・マレーシア・カンボジア)の中で、お金を気にせず住むことが出来るなら下記の順位になります。

  1. アメリカ
  2. タイ
  3. 台湾
  4. 日本
  5. カナダ

アメリカというより僕の場合限定的で、カリフォルニアになるんですが、あの気候はお金を気にせず住むことが出来るなら最高ですね。

ちなみに2位のタイはコストパフォーマンスで言えば最強だと思います。

ただ、暑すぎるのと虫を我慢出来るかですね。

特に虫に関しては高層コンドミニアムや高級ホテルでも出るときは出るので。。。

前提条件として海外移住のおすすめは人により異なる


まず大前提の条件として海外移住のおすすめは人によって異なります。

簡単に言ってしまえば、お金に不自由なく海外移住が出来る人は住みたい国ランキングの上から順番に渡航すれば必ず良いところが見つかるでしょう。

駐在員かリモートワーカーで大きく異なる

お金に不自由のない人は別として、「駐在員」か「リモートワーカー」かで海外移住のおすすめ国はかなり変わります。

まず駐在員の場合で家賃補助などが出る場合、住みたい国ランキングに近い意見が多くなると思います。

一方で、日本円を稼ぐリモートワーカーが、住みたい国ランキングを参考に海外移住すると、「思ってたのと違う」と感じることになりかねません。

住みたい国ランキング上位は大体物価が高い

住みたい国ランキングでは、希望的観測が強くなるため、「安全」で「清潔」な国がランクインして来ます。

一方でこういった国は、物価も比例して高くなる傾向にあります。

駐在員として会社の全面バックアップの元、海外移住するのであればそれほど苦にならないかも知れませんが、個人の意思で海外移住するには少々ハードルが高いとも考えられます。

特に日本人が行ってみたい国の上位に上がっているような国のほとんどは日本より物価が高いため、会社のサポートがないと日本に居る頃よりも生活の質が下がることは珍しくないでしょう。

おすすめの海外移住先はたくさんあるけど完全移住は思ったより難しい


実際に海外移住もどきのようなことをやってみて思いますが、短期間や数年間単位での海外移住は比較的簡単(※2020年はパンデミックで例外ですが。。。)に実行することが可能です。

一方で、完全に海外移住をするとなると、ビザ問題を筆頭に日本の手続きの都合なども含めてかなり難しいなというのが感想です。

海外移住じゃなくても地方移住が一番コスパ良いのかも?!

ガッツリタイトルから離れる結果となりそうですが、正直リモートワークにより海外移住を検討している方は、地方移住も検討してみるべきだと思います。

海外移住は魅力的な面もたくさんありますが、手続きの不便さや出来ないことが意外と多いため、トータルすると日本に居る方がコスパが高いのかも知れません。

リモートワークは場所を選ばないのが最大の魅力ですので、海外移住を検討すると同時に地方移住も検討してみることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました