ワーホリに31歳からでも行ける理由!30歳の今ならまだ間に合う!

今年30歳だしワーホリの年齢制限に引っかかっちゃうなぁ。

海外生活は夢だったけど諦めるしか無いかな。

こんにちはJun(@JunNomad)です。

結構勘違いしてる人が多いと思いますが、ワーホリを始めるのって実は31歳からでも問題ないことをご存知でしょうか。

本記事では、ワーホリが31歳からでも行ける理由について解説していきたいと思います。

ワーホリに31歳からでも行ける理由!


ワーホリって実は日本を出発するのが31歳になってからでも問題ないって知ってましたか?

多くの方が、ワーホリには年齢制限があって「30歳以下の方向けの海外長期滞在プログラム」ここまでを認識してると思います。

でも実は、「ワーホリに申し込み出来るのが30歳以下」ってことに注目する必要があります。

ワーホリは30歳以下の人だけが申し込めるプログラム

「ワーホリは30歳以下の人だけが申し込めるプログラムです。」これだけ聞くと「31歳なら無理じゃん!」って思ってしまうかも知れませんが、注目すべきは「申し込み」の部分になります。

実はワーキングホリデーの制度では国毎に申し込みから実際に渡航するまでに入国猶予期間というのが設定されているんです。

ワーホリ人気国の申し込み完了から渡航日までの猶予期間を見てみよう

ワーホリの入国猶予期間というのは国によって変わります。

また、ビザの制度は毎年少しずつ内容が変更されるため、最新の情報は「留学エージェントに確認する」または「各自で調べる」ようにしてください。

国名 入国猶予期間 有名留学エージェント
オーストラリア 1年以内 オーストラリア留学エージェントYAC Agency
カナダ 1年以内 手数料無料の留学手続きサービスなら【カナダジャーナル】
ニュージーランド 1年以内 スクールウィズ
韓国 3ヶ月以内※1 aah! education
台湾 180日以内※2 台湾留学センター

※1:入国予定日の3ヶ月前からしかワーホリ申請を受け付けてもらえないようです。
※2:台湾では入国日ではなくビザ発給日から180日の滞在許可が受けられ、更新手続きをすることで最長1年間の滞在が可能となります。

上記のように国によって31歳のいつまで頃まで渡航可能かは変わりますが、「オーストラリア」「カナダ」「ニュージーランド」などの英語圏では、申し込みタイミングさえ合わせれば、極論で32歳になる直前まで渡航可能となります。

現時点で31歳以上だけどワーホリ以外に長期海外生活する方法はあるの?


現時点で31歳以上の方には、ワーホリ制度を利用することは出来ませんが長期で海外生活する方法はいくらでもあります。

ワーホリはあくまで、対象国で「労働する権利」と「1年間の滞在する権利」がセットになった便利なビザというだけです。

「日本のパスポートは最強」という説を一度は聞いたことがあると思いますが、パスポートだけでも十分長期間滞在出来る国はたくさんあります。

ワーホリ人気国にパスポート(+オンラインビザ)だけで滞在出来る期間を調べてみよう

まずは上記で紹介したワーホリ人気国にパスポート(+オンラインビザ)だけで何日間滞在出来るのか確認していきましょう。

国名 滞在可能期間
オーストラリア 3ヶ月
カナダ 6ヶ月
ニュージーランド 3ヶ月
韓国 90日
台湾 90日

上記のように多くが約3ヶ月、カナダに関しては6ヶ月間の滞在が認められています。

しかも滞在期間というのは1度に連続して滞在出来る期間を意味するため、一度他国へ出国し再度入国すれば、再度定められた期間滞在することが可能になります(やりすぎると空港の入国審査で止められる可能性があります)。

日本のパスポートで連続滞在出来る上位5ヶ国を確認してみよう

では日本のパスポート(+オンラインビザ)だけで長期滞在出来る国ベスト5を確認していきましょう。

国名 滞在可能期間
ジョージア 1年
ペルー 183日
カナダ 6ヶ月
イギリス 6ヶ月
メキシコ 180日

いかがでしょうか?

ワーホリビザを利用しなくても半年以上滞在出来る国だけでもこれだけあります。

ワーホリビザでなくても日本人にとって、海外への長期滞在はそれほど難しくないことがご確認頂けるかと思います。

「でも現地で仕事出来ないと費用が持たないじゃん」って問題が次に起こってきますよね。

現代だからこそ出来る解決法をこれからご紹介していきたいと思います。

31歳以上でワーホリを利用出来ない方が海外長期滞在で収入を得る方法


31歳以上でワーホリを利用出来ない方が現地で収入を得る方法は大きく2つ「リモートワークで稼ぐ」か「現地就職する」です。

リモートワークで稼ぐ

現代ではインターネットが発展したことにより、リモートワークで在宅ワークなどの仕事を個人で請け負える時代になってきました。

クラウドワークスランサーズといった「クラウドソーシング」と呼ばれるサイトで仕事を探すことで日本円を稼ぎながら海外に長期滞在することが可能です。

現地就職する

近年では、海外で現地就職する方もかなり増えてきています。

しかし、海外現地就職は「英語」もしくは「現地の言葉」をある程度話せることが前提の案件が多く、給料も「駐在」と呼ばれる日本国内で就職して現地に派遣される社員に比べて低い傾向にあります。

一定以上「英語」もしくは「現地の言葉」を話せて、どうしても海外で就職したいと考えている方以外にはあまりオススメ出来ません。

さいごに:ワーホリには31歳でも行くことが可能です!30歳の時点で今後の予定をどれだけ準備出来ているかが鍵!


本記事では、ワーホリには31歳でも行ける理由についてご紹介してきました。

記事後半ではワーホリ以外の海外長期滞在の方法についてもご紹介してきましたが、ワーホリにおいては「30歳の時点で申し込みを完了」していることがポイントとなります。

現在30歳の方はワーホリを諦めるのではなく、本当に行きたいと思うのなら今からでもすぐに準備を始めるべきだと思います。

ワーホリに必要な準備期間や必ずやるべきことについては下記の記事でまとめていますので合わせてご参照ください。

ワーホリ前の準備期間はどれくらい?出発前に絶対やるべきこと5選!
ワーホリ前は準備でバタバタで何か忘れていないか不安になりますよね。 本記事では、ワーホリ出発前の準備期間に絶対にやることを5選に絞って準備期間の目安と共に紹介しています。 ワーホリ準備j中の方は必見です。
タイトルとURLをコピーしました