スポンサーリンク

【リモートで稼ぐ】Webライティングの副業ってどんな仕事?【初心者必見】

副業始めたいんだけどライティングの仕事って未経験でも大丈夫なのかな?

こんにちはJun(@JunNomad)です。

副業を始めようと考えている方の多くが候補として「Webライティング」を挙げますよね。

本記事では、実際にリモートでWebライティングの案件を継続受注している僕自身の経験談を交えながら、仕事内容や案件獲得方法についてご紹介していきたいと思います。

Webライティングの副業ってどんな仕事?


まずはWebライティングの副業を検討中の方に、どういった仕事内容かをご紹介していきたいと思います。

Webライティングといってもジャンルや担当範囲は様々で、誰でも出来る内容のものから専門性の高いものまで案件が募集されています。

構成から執筆まで多様

Webライティングの仕事には、テーマだけが与えられ構成から執筆まで全てのこなす必要がある案件から、構成や大見出し・小見出しまで指定されており、中身だけを執筆するものまで様々です。

報酬としては構成から考える必要がある案件の方が高くなる傾向にあり、SEOの知識なども持っていると高単価の案件を獲得しやすくなります。

ライティング案件には、企業毎の執筆マニュアルを用意されていることも多く、初心者の方はまず簡単な案件から受注してみて、実績を作りながらWebライティングのコツを掴んでいく方法がおすすめです。

雑記系の記事から専門性の高い記事まで

Webライティングの中には、雑記系の記事から専門性の高い記事まで様々な内容で募集されています。

本当に誰でも受けられる案件としては、テーマも何も決められておらず、文字数だけ指定されており自由に執筆出来るような案件も存在します。

一方で、例えばプログラミングの専門的な知識が必要な案件などもあり、報酬としては専門的な案件の方が高い傾向にあります。

Webライティングの副業を獲得する方法は?


では実際にWebライティングの副業を始めたい方は、どのようにして案件を獲得すれば良いのでしょうか?

一般的な方法としては、「クラウドソーシングサイトを利用する」「Webサイトから集客する」の2つの方法が挙げられます。

クラウドソーシングサイトを利用する

最も一般的な方法として、クラウドワークスランサーズといったクラウドソーシングサイトを通じて、案件を獲得する方法です。

無料で利用することが可能で、案件も豊富に掲載されているため、登録必須のサイトと言えます。

一方で、手数料が高いというデメリットもあることは認識しておきましょう。

自身のWebサイトから集客する

少し難易度は上がりますが、ご自身のWebサイトから集客する方法もあります。

最たる例がブログを活用した営業方法です。

ブログ自体がポートフォリオの役目を果たすため、依頼側も安心して仕事を依頼することが可能です。

僕自身も主にIT系・海外(英語関連)のWebライティング案件を受注していますので、興味のある方はTwitterまたは問い合わせフォームよりご連絡ください。

Webライティングの副業でどれくらい稼げるの?


実際にWebライティングの副業を始めようと考えている方の興味は、どれくらい稼げるのかということですよね。

正直、Webライティングだけで生活費全てを賄おうと思うとかなりの労働時間が必要となることは覚悟してください。

一方で、副業として月数万円であればかなり現実的な数字として捉えてもらって問題ありません。

月1万円~5万円が現実的

専門のWebライターでなく、副業としてWebライティングの仕事をする場合、月1万円~5万円が現実的な数字かと思います。

Webライティングは案件によりますが、平均すると1記事3,000~5,000文字の案件が多いように感じます。

文字単価1円と考えた場合、1記事3,000円~5,000円で、月に10記事納品して3~5万円の計算です。

まずは文字単価1円を目安に

Webライティングの案件は応募者も多い分、足元をみた案件というのもかなりの数存在します。

中には0.1円を切るような案件も存在し、いくら実績を稼ぐためとはいえ、こういった案件は避けるのが無難です。

基本的に、労働単価として利益を出せるギリギリの報酬が文字単価1円程度と考えた方が良いでしょう。

もちろん個々のスキルにより異なりますが、文字単価1円以下の案件では時間単価が悲惨なことになるため、別の副業を考えた方が良いと個人的には思います。

僕自身は、現在文字単価2円前後の案件を中心に継続受注させて頂いています。

Webライティングの副業おすすめ案件と注意点


Webライティングの副業を受注する上で、おすすめ案件と注意点についてもご紹介しておきたいと思います。

Webライティング案件で意識すべきは、自分の実績に繋がる案件を獲得することと、継続して仕事を確保出来るような案件を獲得することです。

プロジェクト案件を中心に狙うべき

クラウドソーシングの案件募集では大きく分けて「プロジェクト」「コンペ」「タスク」の3種類でWebライティング案件は募集されています。

画像はクラウドワークスの募集画面ですが、狙うべきは「プロジェクト(固定報酬制)」の案件です。

「コンペ」と「タスク」は1回切りの募集で継続に繋がらない案件が多く、報酬もプロジェクト案件より安い傾向にあります。

「プロジェクト(時間単価制)」に関しても、最初は自分のスキルに自身がないため、選択しがちですが、効率的に副業で稼ぐには時間の切り売りとなるため向いていないと言えるでしょう。

タスク案件は成果に繋がりにくい

上述したようにタスク案件は1回切りの募集であるケースが多く、自分自身の実績として活用するには不十分な案件が多くなります。

クラウドソーシングなどで案件を獲得するには、実績がかなり重要なポイントとなるため、プロジェクト案件で固定のクライアントさんを獲得し、継続して案件を受注した方が、自分自身の成果としてアピールすることに繋がります。

事前テスト案件には要注意

プロジェクト案件の中には、事前テストが実施されている案件も存在します。

継続して案件を発注するために、能力の確認としてクライアント側で実施しているものですが、中には事前テストで多くのWebライターからコンテンツを獲得し、そのまま自分の実績として公開するような方がいるのも事実です。

事前テスト案件は見極めるのが非常に難しく、僕自身はテストライティングでも単価が同じもの(または1~2割減)以外は基本的に受けません。

さいごに:Webライティングは副業としておすすめ


本記事では、Webライティングの副業を始めようかと検討している方向けに、仕事内容から案件獲得方法、注意点までご紹介してきました。

結論としては、Webライティングは副業におすすめ出来ます。

気軽にチャレンジ出来る分野でもありますので、興味のある方はまずクラウドワークスランサーズに登録して、どんな案件があるのかを確認してみましょう。

Webライターをお探しの方で、興味をお持ち頂けた方はぜひTwitterまたは問い合わせフォームよりご連絡ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました